GCP による就労環境の可視化で切り開く、建設業界の DX と 働き方改革

三建設備工業株式会社

三建設備工業株式会社

  • 技術支援・開発
  • 不動産・建築

三建設備工業株式会社

環境配慮型の空調・衛生・電気設備の設計・施工・メンテナンスを行っている独立系建築設備会社です。
人々に快適で安全なイゴコチを提供している企業であり、空気や水や電気を通し、建物に命を吹き込む役割を担っています。
また、環境負荷低減のための最新技術「ZEB」のリーディングカンパニーとして建設業界の中で先駆けて取り組んでいます。

今回のプロジェクトであるTAMAシステムの概要

TAMAシステムは、就労環境の見える化を目的とした社内の業務システムです。
三建設備は工事会社なので、三建の社員と工事の作業員、今その人たちが全国でどれくらい働いているのか見えるようにしたもので、対象はバックオフィスも含め全社員となります。
独自に開発することになった理由は、現場で就労している人って、それぞれ端末を持っている訳でもないですし、売り物だったり、共通のアプリを配ると言うのは難しかったんです。
ですので、うちの社員が共通して登録できるものが必要だった。
最初は FileMaker で作ろうとしたのですが、やり始めてみると自由性が必要で、いろんなデバイスからもやりたいという話が出てきて、クラウドでやるしかないかなと。
作り直しをしながら今のシステムにたどり着きました。

開発を進める中で要件が変わっていった

最初は全社員を対象とするつもりはなくて、安全面の観点から工事現場で誰がどこで働いているかを電子データとして記録したかったんです。
そうすると、現場用の出退勤管理システムと社内のシステムと二重登録しなければいけなくなり、それなら一個で済む方がいいよねと、逆にバックオフィス側が現在の利用していたシステムをすてて、新しいシステムに入ってきて、結果的に全社員が使うものとなりました。

ちなみに以前までは工事現場の作業員は紙で記録したものをエクセルに入力して月末に集計するようなことをしていました。
月末になると残業がどのくらいだったかとか、個人別の報告書が出てくるのですが、その時に自分の部下が何時間残業したかが分かるが現場単位での繁忙度の傾向が把握できていない。
Google DataStudio (DataPortal) と連携して可視化しました。
働き方改革をやっていく上で、日々どれくらい残業したかとか、どれくらい遅くまで働いていたとか、リアルタイムでわかるようになり、かつ現場単位で月別の残業時間の見える化ができたことで、上司が繁忙度を見て対策がとれるようになったとのこと。
月末に集計する残業時間とは違い、今の就労状況をリアルタイムに監視できる。
就労状況が原因でもし事故が起きてからでは遅いですし、そうしたリスクを未然に防ぐことにも繋がります。

[ 続きを読む ]

[ 続きを読む ]