Google のサービスは、1日の検索回数が10億回を超える Google検索、アクティブユーザーが5億人以上と言われる gmail、毎分100時間以上の動画がアップロードされる YouTube をはじめとして、どれも桁外れに大きなサービスばかりです。
Google Cloud Platform を利用することは、Google が提供する各種サービスと同一のインフラを、非常に低コストに利用するということです。Google が自社で運用する10を超えるデータセンターで負荷分散されたコンピューティングリソースを利用することがきるので、Google Compute Engine や Google App Engine などのサービスを機能や用途に応じて組み合わせて、サーバーが高負荷な際も安定して稼働する環境をすぐに構築することができます。
実際にスポーツイベントやアーティストのライブなどのキャンペーンサイトにも利用されており、短時間に大量のアクセスを集めるピーク性の高いウェブサービスを提供する際にも最適なインフラです。

クラウドサービス比較表
無料ダウンロード

現在最も広く利用されている GCP、AWS、Azure の
3つのクラウドサービスを徹底的に比較した弊社独自の
比較資料(PDF)を無料でダウンロードいただけます。

5つの切り口、27項目にて徹底比較!

  • ① 性能面 - 起動時間やスパイク対応が最も高いのは?
  • ② 機能面 - ビッグデータの集計やAPI連携に強いのは?
  • ③ セキュリティ - 最も高い水準の第三者認証の取得は?
  • ④ 運用・保守 - 日本語によるサポートが可能なのは?
  • ⑤ 費用面 - 料金体系がわかりやすいのは?

無料ダウンロード

メールアドレス

企業名

部署

お役職

お名前

都道府県

電話番号

GCP導入予定について