Google は、Google Cloud Platform の本格的な展開を進めるにあたり、DevOps ツールの展開や、ビルド・テスト・リリースがごく簡単な設定と変更で可能になる機能の追加に取り組んでいるとアナウンスしています。
実際、Google App Engine では、管理コンソールでアプリケーションのバージョンを管理しています。バージョンを指定してデプロイすることで、アプリケーションの履歴を保存することが可能で、バージョンを指定したURLにアクセスすれば、それぞれのバージョンの動作をいつでも確認することができます。デフォルトバージョンの切り替えもすぐに行えるので、アプリケーションに問題があった場合は、すぐに以前のバージョンに切り替えることが可能です。
また、2014年3月に提供が開始された Managed Virtual Machines は、管理運用に手間がかからず優れたスケーラビリティを提供する Google App Engine 上で、柔軟性に優れた VM を動作させることで、PaaS と IaaS の機能のメリットを兼ね備えた機能が提供されています。
これにより、非常にスムーズに DevOps を実現できます。