こんにちは、クラウドエース編集部です。

G Suite を導入している企業はグローバルで500万企業以上と言われています。日本でも数多くの企業が導入しており、導入企業数は日々増加しています。ところで、G Suite には複数の料金プランが用意されているのをご存知でしょうか。おそらくプラン自体が複数あることは知っていても、具体的に何が違うかを知っている方は少ないのではないでしょうか。今回の記事では G Suite の3つの料金プラン(Basic/Business/Enterprise)の違いを説明した上で、プランの中でも Business 以上を利用した方が良い7つの理由を説明します(※1)。

※1 後述する「Basic プランで問題ないのか?」で説明しますが、Business以上を使った方が良いケースは企業のコンプライアンスによって異なりますので、本記事は必ずしもBasicからBusiness以上の利用を勧めることを目的にした記事ではありません。

「Google Cloud™️ で簡単に今すぐできる働き方改革!〜テレワーク編〜」

G Suite の3つの料金プラン

前述した通り、G Suite には3つのプランが存在します。ユーザ当たりの料金(※2)やドライブの保存領域の制限以外にも様々な違いが存在します。各プランの違いは以下の通りです。

※2 以下表のアカウント当たりの利用料は税抜き価格です。

Basic Business Enterprise
料金(1ユーザー/月) ¥680 ¥1,360 ¥3,000
ドライブ(1ユーザのストレージ) 30GB 無制限 無制限
Office系アプリの利用
(ドキュメント・スプレッドシート)
Google サイト
Hangouts Meet
Vaultデータの保管・検索(※1) ×
ドライブの高度な管理機能(※2) ×
監査機能とレポート機能(※3) ×
モバイルの監査とアラート(※4) ×
App Maker(※5) ×
Cloud Search(※6) ×
Hangouts Meet の参加人数 最大100人 最大150人 最大250人
BigQueryでのGmailログの解析 × ×
メールや画像のスキャン × ×

支払いプランの違い

G Suite では支払いプランを月契約(フレキシブルプラン)もしくは年契約(年間プラン)から選択することができます。しかしながら、年契約をしたとしても現在価格的なメリットは存在しません(月契約でも年契約でも1アカウント当たりの利用料は同額)。しかも、年契約の場合アカウントの削除ができないため(年間契約の更新時にのみ可能)、利用しないアカウントが発生したとしても料金が発生します。そのため、アカウントの増減が頻繁に発生する場合は月契約(フレキシブルプラン)を選択した方が良いでしょう。

BasicよりもBusiness以上を使った方が良い7つの理由

Businessの価格はBasicの倍になりますので、既にBasicをご利用中でアップグレードを行う場合は利用コストが倍になります。しかし、ビジネス上でのメリットを考えるとBasicよりもBusinessを利用した方が良い理由が7つ存在します。

(1)ストレージが無制限

Basicの30GB制限に対して、Business以上は容量が無制限になります。「そこまでの容量はいらない」というのはよく聞く意見ではありますが、ファイルは日々蓄積されていきます。日々積み重なって容量がいずれ30GBに達した場合、個人毎にファイル削除の運用を行っていく必要があります。弊社でも数年前に G Suite のプランをBusinessにアップグレードしましたが、ファイル容量を気にしなくて良いのはストレスが一つなくなるので地味に嬉しいメリットです。また、ファイルが増えたとしても Google の強力な検索があればすぐに過去のファイルも取り出すことができます。

(2)Vaultデータの保管、検索が可能(※1)

社員同士のチャットのやり取りや操作ログを保管し、いつでも取り出すことができます。不祥事による裁判が起こった場合に過去のログを掘り出し、裁判で情報開示することができます。BasicではこのVault機能を利用することができません。いつ起きるかわからない訴訟のリスクを考えると、この機能はなくてはならない機能であると言えます。

(3)ドライブの高度な管理機能(※2)

Businessの場合 Google ドライブでは部署等の組織単位でセキュリティポリシーを設定することができます。部署毎に社外共有OK/NGを設定することが可能で、セキュリティを組織の性質に合わせて柔軟に設定することができます。しかし、Basicではセキュリティポリシーを1つしか設定できないため組織に合わせた複数の設定を行うことができません。

(4)監査機能とレポート機能(※3)

G Suite の各アプリケーションの利用状況や操作ログを閲覧することができます。どれくらいのユーザがアプリケーションを利用しているのか、不正な操作はないか等をチェックすることができます。企業のセキュリティを考えると必須の機能と言えます。

(5)モバイルの監査とアラート(※4)

組織で使用されているモバイル デバイスに関するアクティビティのレポートを確認することができます。また、ユーザが特定の活動をした時にアラートを送信することも可能ですBasicはこの監査ログを閲覧することができないため、不審な活動が行われた場合に管理者が検知することができません。

(6)App Maker を利用して独自アプリを作成可能(※5)

Businessでは社内ワークフローや業務改善を行うアプリケーションを G Suite 上のGUIツールを利用して開発することが可能です。サーバレスで動作するアプリケーションのため物理サーバやクラウドサーバのメンテナンス等は発生しません。お客様は自分たちのアプリケーションの開発に集中することができます。

(7)Cloud Searchによる横断的な検索(※6)

Cloud Searchを利用すれば、G Suite に限らず様々なサードパーティアプリケーション(Amazon S3、Box、Microsoft OneDrive 等のストレージサービスやOracle、MySQL、PostgreSQL等のデータベース)やデータプラットフォーム(Salesforce、SAP、ServiceNow等)から、ビジネス情報を横断的に検索することができます。Google がウェブで提供している機能を企業向けの検索に利用できると説明した方がわかりやすいかもしれません。もちろん、Cloud SearchはAPIやSDKを用意しているため、要件に応じてあらゆる大量データをAPIを通してCloud Searchにインデックス登録することができます。

Basic プランで問題ないのか?

前述した通り、G Suite Business 以上を利用するメリットは、ストレージの容量無制限を除くと主にコンプライアンス向けの管理系機能がメインです。コンプライアンスの考え方については企業によって異なるため、必ずしもBusiness以上が必要とは限りません。しかしながら、SNS等の影響もあり近年コンプライアンスの重要度が大企業に限らず高まっているため、遅かれ早かれBusiness以上の検討は必要になってくるかもしれません。

まとめ

このように G Suite Business にはBasicにはない様々な機能・メリットがあります。今回説明した7つの理由は、企業のビジネス・コンプライアンスにとっては切っても切り離せないトピックであると言えます。本記事がBasicからBusinessへのアップグレードのキッカケになればとても幸いです。

また、今回の新型コロナウイルス対策においても企業のテレワーク導入が進むなか、弊社としても G Suite Bussiness を活用したテレワークナレッジをまとめたe-Bookを作成いたしました。
期間限定で無料ダウンロードいただけますので是非ご活用いただけますと幸いです。

「Google Cloud™️ で簡単に今すぐできる働き方改革!〜テレワーク編〜」

クラウドエースのグループ企業である吉積情報株式会社では G Suite の導入支援だけでなく G Suite の拡張開発も行なっています。G Suite の導入及び、BasicからBusinessへのアップグレードについてご検討の場合は以下問い合わせ先からご連絡ください。

お問い合わせ先

G Suite については以下から問い合わせが可能です。

吉積情報株式会社

TEL:03-6280-5940
メール:sales@yoshidumi.co.jp
サービス紹介URL:https://www.yoshidumi.com/service/gsuite/

ダウンロード(無料)

  

メールアドレス

企業名

部署

お役職

お名前

都道府県

ご住所

電話番号

Cmosy導入予定について

IT製品・サービス導入におけるお客様の立場

プライバシーポリシーに同意する

プライバシーポリシーに同意の上、送信してください。

同意して送信すると、当社が個別に設定を行う場合を除き、当社はお客様のWebブラウザのクッキーにより当社のWebサイト上におけるお客様の行動履歴と個人情報を紐付けて把握、分析します。