こんにちは、クラウドエース編集部です。

リモートワークが増えるにつれてオンライン会議を行う機会が増えてきました。オンライン会議では、多くの参加者と画面を共有しながらリアルタイムでコミュニケーションを取れることが大きなメリットです。
しかし、オンラインの会議のツールによっては乗っ取りや悪質な攻撃などセキュリティ上のリスクも報告されています。ここでは Google の提供するオンライン会議サービス Google Meet がどのようにして安全を確保しているのかをご紹介します。

Google Meet は Google が提供するオンライン会議サービス

Google Meet (旧: Google Hangout )とは、Google が提供するグループウェア「G Suite」に含まれるオンライン会議サービスです(※1)。Googleアカウントを持っていれば誰でも簡単に会議を作成でき、円滑かつ安全に行うことができます。

※1 これまで Google Meet は G Suite 向けの機能でしたが、2020年5月から 段階的に無料の Google アカウントにも解放されることが発表されました。Google Meet に関する詳細については以下もご参考ください。

他社サービスと比較した場合の Google Meet の強みとは

Google Meet と他社サービスの一番の違いは「 Google の強力なインフラ上でサービスが構築されている」ことです。Google Meet は世界で数十億人のユーザがいる YouTube と同じインフラ上で構築されているため、高いセキュリティと可用性を実現しています。

先日、あるオンライン会議サービスで脆弱性が発見されましたが、急激なユーザ増加、認知度の向上により、攻撃の対象になった可能性があります。Google は YouTube に限らず、数多くのコンシューマー向けサービスを展開し、各サービス単位で数十億のユーザがいると言われています。そのため、Google は他社サービスと比較するとセキュリティに対する考え方・対策のレベルが異なります。Google のセキュリティ対策の詳細についてはコチラの記事をご参考ください。

会議URLへのハッキング対策

Google Meet では会議を区別するURLやIDが第三者に特定されないよう、25種類の記号からなる10文字のコードを生成しています。また、会議のIDを総当たりで攻撃されても乗っ取られないように、外部の参加者は会議開始の15分前からしか入室できないように制限しています。さらに、外部の参加者はホストから招待されるか、あるいはホストと同じドメインを持っている必要があり、第三者から攻撃されるリスクを極めて少なくしています。

会議参加者の制御

オンライン会議では他人の音声によって進行を妨げられてしまうことがありますが、Google Meet ではホスト側が参加者の音声をミュートにしたり、退出させることが可能です。これにより、悪質な乗っ取りを避けることが可能です。

G Suite 管理者が設定可能なアクセス制御

2段階認証でアカウント乗っ取りを防ぐ

会議室のホストアカウントが乗っ取られてしまうことに関しては、2段階認証によって防ぐことが可能です。Googleからのメールによる従来からの認証に加えて、スマホによる認証や、より高度なものではハードウェアによる強力な認証方法も提供しています。

より高度なセキュリティを設定する

Google Meet ユーザーは高度なセキュリティ保護プログラムにアカウントを登録することができます。これにより、フィッシングやアカウントの不正使用に対して強固な保護対策を行うことができます。

インフラとしての安全性

ブラウザ上の通信を保護

Google Meet は Google Chrome などのブラウザを通じてアクセスすることができるので、端末全体が乗っ取られるなどの重大な脆弱性に関しては心配ありません。また、セキュリティのパッチが当てられた際にユーザー側が更新を行う必要がないので、セキュリティが安全でないまま利用してしまうということがありません。

通信の暗号化

Google Meet では、ブラウザや Android アプリやiOSアプリ、Google ミーティングルームハードウェアで行われるオンライン会議において、全ての通信が暗号化されるように設定されています。この通信方式はIETFが定めたセキュリティの標準に沿ったもので、リアルタイムで送信されるデータを素早くかつ安全に提供することを可能にしています。

利用者のデータを Google は利用しない

Google クラウド では、ユーザのデータは自身の指示に従って処理されるものと定義され、広告目的で使用されることは決してありません。Google Meet に限らず G Suite の全てのサービスは、独立した機関によるセキュリティ、プライバシー、コンプライアンス統制の監査(SOC、ISO/IEC 27001/17/18、HITRUST、FedRAMP 等)を定期的に受けています。これらの監査が Google のデータに対する透明性を保証しています。

Google Meet は安全・簡単に始められる!

Google Meet は簡単にオンライン会議をはじめることができ、会議室へのアクセス制限によって参加者を限定できます。また、Google Meet はブラウザで動くアプリケーションなので更新の必要がなく、暗号化された通信を利用して安全に利用することができます。
Google Meet は社内の連絡に限らず、遠方のお客様とも安心して会議を設定することができるなど多くのメリットがあります。

Google Meet は簡単にオンライン会議をはじめることができ、会議室へのアクセス制限によって参加者を限定できます。また、Google Meet はブラウザで動くアプリケーションなので更新の必要がなく、暗号化された通信を利用して安全に利用することができます。
Google Meet は社内の連絡に限らず、遠方のお客様とも安心して会議を設定することができるなど多くのメリットがあります。

合わせて読みたい