こんにちは、クラウドエース編集部です。

Google Meet  は今や Zoom と並ぶビデオ会議ツールと言っても過言ではありません。以前に比べてWebの検索数も大幅に上昇し、あらゆるメディアで記事コンテンツが作成されています。そして、弊社は Google クラウド関連のサービスを取り扱う企業であるため、その需要の高まりを直接的に実感しています。

Google Meet  は Google アカウントを持つユーザーであれば、誰しも利用できるサービスですが、もちろんビジネス用途にも利用が可能です。

しかし、現在 Google Meet に関する情報が世の中に溢れており、「どうすれば Google Meet を企業で利用することができるのか」がわからない方も多いのではないでしょうか。

今回のコラムでは、 Google Meet を企業で導入する方法について詳しく説明します。

 Google Meet の詳細を知りたい場合はコチラの記事がオススメ!

今回のコラムでは、 Google Meet の機能詳細やセキュリティ、他のサービスとの比較については触れません。これらの情報にご興味がある場合は、以下の記事をご参考ください。

記事タイトル 内容
【速報】 Google Meet が誰でも無料で利用可能に Google Meet の基本情報、機能一覧、利用方法がまとめられています。 Google Meet をこれから利用する方にオススメの記事です。
Zoomと Google Meet ビデオ会議サービスをシンプルに比較 Zoom と Google Meet の比較記事です。どちらかのツール導入を検討している方にオススメの記事です。
Google Meet のセキュリティはなぜ安全なのか Google Meet のセキュリティについて詳しく解説しています。
Google Meet のプレミアム機能を無料で利用する方法 録画、ライブストリーミング機能等、 Google Meet のプレミアム機能を無料で利用する方法について解説しています。
Google Meet でブレイクアウトルームを実現する手順 Google Meet でZoomのブレイクアウトルームのような運用を行う方法について解説しています。

クラウドエースは企業で Meet を導入・活用しています

弊社クラウドエース株式会社は、 Google Meet を普段の業務からフル活用しています。例えば、弊社では以下の用途で Google Meet を利用しています。これらの用途を踏まえ、次章では Google Meet の導入によって得られるメリットについて説明します。

用途 詳細
顧客との会議 全てのケースではないですが、お客様との会議にMeetを活用しています。現在の社会情勢により、オンライン会議の需要が高まっているのも理由の一つです。
社内会議 弊社は社員の働き方の多様性を重視しているため、働く場所は社員によって様々です。そのため、社内での打ち合わせに Meet は必要不可欠です。
全体定例 週に1度、全社員参加で定例会を実施しています。
オンライン飲み会 部署毎に定期的に開催しています。途中で寝落ちした場合は、会議から強制退出させることができます。
社員総会 200人近い社員が一つの Meet 会議に参加します。3ヶ月に1回の頻度で開催しています。

企業が Google Meet 導入によって得られるメリット

企業が Google Meet によって得られるメリットについて解説します。

どこからでも会議に参加可能

企業に所属するユーザーは外出先でも、PC・スマホ・タブレットといったデバイスと G Suite アカウントがあれば、どこからでも Google Meet に接続することができます。会議は全て Google カレンダー上で管理し、予定の詳細からタップ一つで Meet 会議に参加することができます。 G Suite Enterprise を利用している場合は、全ての会議にダイヤルイン番号が付与されているため、インターネットに接続できない環境でも会議に参加することができます。

高セキュリティと不正防止機能の充実

Google は顧客情報とプライバシー保護のために採用しているインフラストラクチャ・セキュリティ・グローバルネットワークを Google Meet にも採用しています。 Meet のビデオ会議の通信は全て暗号化され、アプリケーションレベルでも様々な不正防止機能が備わっているため、ユーザーは安全に会議を実施することができます。

顧客もスムーズに会議に参加可能

Google Meet のUIは非常にシンプルであるため、初めて使うのユーザでも簡単に会議に誘導することができます。参加者が Google アカウント、もしくは G Suite アカウントを保持している場合、 Google カレンダーで予定を共有し、カレンダーの予定から Meet に参加してもらうことが可能です。 もし、アカウントを保持していない場合は Meet 会議のURLを直接共有することで会議に参加してもらうこともできます。 参加者がPCで会議に参加する場合、ブラウザさえあれば会議に参加できるため、余計なプラグインをインストールする必要もありません。

 Google Meet を企業で導入する手順!

Google Meet を企業で導入する場合は G Suite を導入する必要があります。本章では、 G Suite の導入から Google Meet が利用できるまでの手順について説明します。

本手順の前提

G Suite は Google Meet 以外にもメール、カレンダー、ストレージと様々な機能をパッケージングしたグループウェアです。単純に Google Meet を利用するためだけに G Suite を導入するのは非常に勿体無い使い方です。 G Suite を導入する場合は、メールやカレンダ、ストレージも含めた移行を検討するか、もしくは G Suite Essentials のような機能を限定したエディションを選定することをオススメします。本章では、 Google Meet の導入だけではなく、データ移行が発生することを前提に説明を行います。

G Suite の販売代理店を選定する

まずは G Suite の販売代理店の選定を行います。 Google と直接契約を結ぶこともできますが、サポートや導入支援の充実度を考えると、販売代理店がオススメです。以下のポイントを参考に代理店の選定を行いましょう。

  • サポート内容
  • 価格
  • 実績

弊社グループ会社の吉積情報は G Suite の販売代理店も行なっているため、一つの候補としてご検討いただければ幸いです。吉積情報のG Suite導入サポートの内容についてはコチラをご参考ください。

契約するエディションを選定する

Google Meet に対応したビジネス向け G Suite エディションは以下の通りです。要件に応じて、エディションの選定を行ないます。

エディション 説明 価格
G Suite Basic 最低限の機能をサポートしたエディションです。 Google Meet は利用可能ですが、 Business や Enterprise と比較すると、制限が強くなっています。 ¥680円/月/ユーザー
G Suite Business ビジネス用途において標準的な機能をサポートしたエディションです。 ただし、 Google Meet のプレミアム機能は利用することができません。 ¥1,360円/月/ユーザー
G Suite Enterprise Google Meet のプレミアム機能(※1)を利用することができるエディションです。 中でも管理機能が充実しており、組織全体のセキュリティを向上させることができます。 ¥3,000円/月/ユーザー
G Suite Essentials コラボレーション業務に特化したエディションです。 Google Meet と Google ドライブを主に使いたい場合はこのエディションを選択します。 Enterprise Essentials との違いを知りたい場合はコチラをご参考ください。 2020/09/30迄無料で利用可能
G Suite Enterprise Essentials G Suite Essentials では利用することができない Google Meet のプレミアム機能(※1)を利用することができます。 問い合わせ

※1 録画機能、ライブストリーミング

データを移行する

メール、カレンダー、ストレージのデータ移行を計画・実施します。 販売代理店と契約していれば、スケジュール、移行手段も含めたデータ移行のサポートを受けることができます。

前述した通り、データ移行は Google Meet の利用とは無関係の作業ですが、 Google Meet 以外のツールを活用する場合には必要な作業になります。

初期設定と運用計画

G Suite の初期設定を行います。販売代理店と契約している場合、初期設定のサポートを受けることができます。また、運用開始に伴い、計画の策定も必要です。段階的にユーザを増やすのか、機能を開放するのか、時系列で運用の計画を立てていきましょう。

トレーニングと運用の開始

導入規模やユーザーのリテラシーによっては G Suite のトレーニングも必要になります。また、運用する中で出てくる課題に対してのサポート窓口も必要になります。これらの要件については事前に販売代理店と調整を行い、安全に運用できるような設計を行いましょう。

運用は開始されたら、いよいよ Google Meet の運用もスタートします。 販売代理店のサポートをうまく活用しながら、より安定した運用を行なっていきましょう。

吉積情報は G Suite の導入を支援しています

ここまで説明してきた通り、 Google Meet は G Suite のサービスの一部として利用することができます。弊社グループ会社の吉積情報株式会社は G Suite の販売代理店を行なっており、これまで数多くのお客様に G Suite を導入してきました。 G Suite の導入支援についてご質問がある場合はコチラからお問い合わせください。 G Suite の詳細や Microsoft 365 との違いを知りたい場合は以下バナーから資料のダウンロードを行なうことができます。

 

ダウンロード(無料)

 

合わせて読みたい