こんにちは。クラウドエース編集部です。

今回は、ビデオ通話アプリ、 Google Duo™ について紹介します。
Google™ のビデオ通話といえば Google Meet™  がすっかりお馴染みですが、実はもう一つ、 Google Duo というサービスがあるのをご存知でしょうか?
「会議」という印象に近い Google Meet に比べ、 Google Duo は気軽な「電話」やおしゃべり向き。スマホからも手軽に使えるのがポイントです。
今回は、 Google Meet との違いに触れながら、 Google Duo のオススメポイント、そして使い方についても、詳しく解説していきます!

Google Duo は無料で使える通話アプリ

Google Duo は、誰でも使える通話アプリです。「アプリ」と表現した理由は、スマートフォンでの利用を中心に想定されているからです。具体的には、以下のような特徴があります。

Google アカウントは不要だが、電話番号と SMS が必要

Google Duo の特徴として、 「Google のアプリであるにも関わらず、Google アカウントがなくても使える」ということがあげられます。その代わりに、電話番号と SMS(ショートメッセージ)によるによる認証が必要となります。

Google Duo 自体は、タブレットや PC でも利用が可能です。しかし、SMS 認証のためには原則として携帯電話が必要となりますので、実質的にはスマートフォンでの利用を意識したサービスと言えるでしょう。

一方で、Google アカウント を接続することもできます。 Googleアカウントを利用すると、認証した端末以外でも、アカウントを通じて利用することが可能になります。

この使い方は、メッセージアプリ LINE と似ています。LINE は電話番号を用いた認証が必要なため、スマートフォンでの使用が前提となっていますが、一旦アカウントを登録すれば、同じアカウントを利用してPCでも利用ができます。 Google Duo も、アカウントの使い方はほぼ同じ、と考えていただければ分かりやすいと思います。

Google Meet よりも 気軽な「通話」向き

ここまで Google Duo について述べましたが、 Google にはオンライン会議システム Google Meet があります。どちらもビデオ通話が可能ですが、その違いを以下表にまとめてみました。

なお、Google Meet について詳しく知りたい方は、弊社のこちらの記事をご参照ください。

比較内容 Google Meet Google Duo
目的 オンラインでの会議・授業 オンラインでの通話
ビデオ通話
相手の呼び出し × 1 対 1 なら〇
必要な物 G Suite™ アカウント

または通常の Google アカウント

電話番号・SMS 受信できるスマホ
利用料金 無料 無料
時間制限 G Suite : 300 時間

通常:1時間*

無制限
人数制限 G Suite: 100~250 人(プラン次第)

通常: 100人

32人
録画 G Suite:Enterprise のみ〇**

通常:〇

×
ブラウザで利用
画面共有 ×

表1. Google Meet と Google Duo の比較表

*2020年9月30日までは、24時間に拡大。
** G Suite Enterprise Essenttials ・ G Suite Enterprise for Education を含む。ただし、2020年 9 月 30 日までは、G Suite のすべてのプランで録画可能。

同じ「オンラインでビデオ通話をする」システムでも、想定される目的が異なっていることが分かります。

Google Meet は、やはり会議に重点が置かれています。大人数でスライドを画面共有したり、(プランによっては)会議を録画して共有したり、オンラインでの効率的な情報共有ができる使用になっています。

一方で Google Duo は、もっと気軽なおしゃべり向き、といったところでしょうか。1対1や小さいグループで、スマホからテレビ電話感覚で気軽に通話するのに向いています。1対1では、電話と同様に「相手を呼びだす」ということが可能なのも、特徴の一つです。

仕事などの会議は Google Meet 、友人との雑談は Google Duo と使い分けるのもよいでしょう。オンライン飲み会は、職場やサークルのパブリックな飲み会であれば Google Meet、親しい人のクローズドな飲み会であれば  Google Duo と言ったところでしょうか。

Duo はスマートフォンに特化した機能を数多く搭載

Google Duo がスマートフォン向けと思われる理由は他にもあります。

Androidスマートフォンには標準搭載

実は最近では、Android ユーザーは、Google Duo をインストールする必要がそもそもありません。Android スマートフォンには、最初から Gmail や YouTube などの Google アプリがインストールされていますが、 Google Duo もその一つに含まれているのです。

iPhone では通話アプリ Facetime が最初からインストールされていますが、Android では Google Duo にその役割を託した、といえるでしょう。もちろん、iPhone でも Google Duo は利用可能です。

モバイルデータを使わないようにする設定あり

通話アプリで心配なのが、データの使いすぎ。「自宅で Wi-Fi に繋げたつもりで通話していたら、繋がってなくてデータの無駄づかいしてしまった…」という経験がある方も多いでしょう。

Google Duo では、そのような失敗への対策として、Wi-Fi につながっていないとき、自動的に画質を落とすような設定がなされています。

このような設定がされているのも、スマートフォンでの利用を重視している証拠でしょう。

ノック機能で「うっかり」を防止

『電話がかかってきたのでとっさに出たら、実はビデオ通話だった。準備してない…』

Google Duo では、こんな「ビデオ通話あるある」対策として、「ノック機能」を設けています。設定をオンにしておけば、知り合いとの通話の際、相手が通話に出る前に、自分の映像を相手に表示させることができます。

通話相手は、こちらがどのような状況で電話しているのか把握でき、心と表情の準備をして通話に臨むことができます。これも、とっさに通話に出やすい、スマホ向けの機能と言えるでしょう。

使ってみよう

ということで、 Google Duo を使ってみましょう。先ほどまで述べた通り、 Google Duo はスマートフォンからの利用がメインのようなので、ここでもスマホを使って説明していきます。

電話番号とSMSを利用したセットアップ

まずアプリを起動すると、このような画面が出ます。

ここで電話番号を入力して、SMSによる認証を済ませれば準備完了。この時点では Googleアカウント とは紐づいていませんが、認証に使った電話番号を使って相手を呼び出すことができます。

Googleアカウントと連携すればどの端末でも使える

Googleアカウントは「設定」>「アカウント」から登録できます。 Googleアカウントを登録することで、そのアカウントでログインしている他の端末でも Google Duo が利用できます。

利用方法は至ってシンプル

設定が済んだら早速使ってみましょう。メイン画面は以下のようになっています。

(本来は黒塗りの部分にインカメラの画像が映りますが、加工しています。)

通話

メイン画面から上にスワイプすると、通話相手を選択することができます。相手を選択して、ビデオ通話か音声通話かを選べば通話開始です。

ただし、もちろん、通話相手も Google Duo のセットアップが終わっていなければ、通話はできません。

また、事前にメイン画面の「グループを作成」からグループを作っておけば、グループ通話も可能です。

メッセージ

音声通話だけではなく、特定の相手にテキスト・動画・音声・写真などでメッセージを送ることもできます。メイン画面を下にスワイプして、メッセージの種類を選び、相手(上限32人)を選んで送信します。

留守番電話のように、「通話がつながらなかったからメッセージを送る」ということもできますし、簡単なチャット代わりに送ることもできます。

違いはあるものの、Meet との統合にも期待

ここまで、 Google Duo について紹介してきました。 Google Meet とは異なり、電話番号ベースで利用でき、簡単なメッセージを送れるなど、スマホでの気軽な(テレビ)電話を実現するアプリであることが分かりました。

ただ、筆者の正直な感想としては「Google Meet に吸収されてもいいのでは…?」といったところです。通話機能に関しては Google Meet でも代用可能な範囲ですし、 Google Meet のアプリも存在するので、スマホからも問題なく利用できます。チャットやビデオメッセージは別のアプリを使って送ることもできるので、 Google Duo にこだわることもないと思います。

Google では最近、  Google ハングアウト と Google Hangouts Meet が Google Meet に統一されるなど、ビデオ通話システム周りの変更・統合が行われています。近いうちに Google Duo と Google Meet の統合もありえるかも知れません。

Google Meet の活用方法を解説するウェビナーを定期開催中

吉積情報株式会社は、 Google Meet やドライブの活用方法についてのウェビナーを定期開催しています。このウェビナーでは、 G Suite の専門資格を保持する営業担当が Google Meet やドライブの概要・事例をご紹介します。 ウェビナーの詳細についてはコチラをご確認ください。

 

ダウンロード(無料)

 

合わせて読みたい