こんにちは、クラウドエース編集部です。

仕事をすすめるにあたって、Webサイトを作成する必要が出てきてしまったことはありませんか。
初めての場合は、まず何から手をつけたらよいかわからないという方も少なくないと思います。一般的には専門の業者に依頼したり、WordPressなどで自作をする方法が採られますが、 Google Workspace(旧 G Suite ) を利用されていれば、初心者でも「 Google サイト」という Google が提供するWebサイト作成サービスを使って簡単にサイトを作成することができます。
今回のコラムでは、 Google サイトについてご紹介いたします。

Google サイトの特徴は?

Google サイトは Google ドライブが提供しているドキュメント、スプレッドシートと並んだ1つのサービスとなります。専用のページビルダー機能をつかって、簡単にオリジナルのWebサイトを作成・公開することができます。HTMLやJaveScriptなどをはじめとしたサイトを構築するための専門的な知識やデザイナーがいなくても直感的にWebサイトを構築できるのが大きなポイントです。

また、モバイルやパソコン向けにサイトが自動的に最適化される、レスポンシブデザインに対応しているため、現在では必須といえるタブレット、スマートフォンでのサイト閲覧も快適です。
また、Google ドライブの他の機能と同様無料で使用することができ、更に一般的なWebサイトと同様に独自のURLを割り当てて公開することも可能です( Google Workspace 導入が必須です)。とてもコストパフォーマンスの高いサービスであると言えるでしょう。

Google サイトは2016年11月に大幅な機能アップデートがあり、現在は以前の Google サイト、新しい Google サイトの両バージョンで作成ができます。しかし、現在サイト作成すると新しい Google サイトがウェブサイト作成のデフォルトとなり、今後以前の Google サイト は終了に向けて進むため、これからは新しいGoogle サイトでサイトを作成することをおすすめします。

新しい Google サイトと以前の Google サイトの違い

以前の Google サイト はhtmlを記述できたため独自にカスタムできる部分が魅力でしたがが、他のメンバーによるメンテンナンスが難しいという課題もありました。
新しい Google サイトではhtmlによる記述ではなく、アイテムのドラッグという誰でも使いやすいインターフェースが採用されたため、担当者の負担も軽減されました。
またデザイン、編集をはじめ便利な機能が数多く追加されています。
新しい Google サイト と以前の Google サイト それぞれの機能の違いは以下の通りです。

<デザインと編成>

新しい
Google サイト
以前の
Google サイト
ユーザビリティ: シンプルで直感的なインターフェースを使ってサイトを作成、管理する ×
下書きと公開: サイトの下書きと公開済みバージョンを確認する ×
変更の確認:公開する前に編集内容をプレビューする ×
最新のサイトタイル: 画像カルーセル、プレースホルダ、ボタン、折りたたみ可能なテキストなどを使用する ×
Cloud Search: サイトに Cloud Search の検索ボックスを追加する ×
サイトの情報アイコン: オーナーへの問い合わせフォームを追加して、サイトの最終更新日を表示する ×
テンプレート: サイトの目的に合わせて最適化されたテンプレートを選択する
テーマ: さまざまな色やフォントを使用してデザインされたテーマから選択する
カスタム デザイン: ブランドに合わせて、色やフォントなどの視覚要素を変更する 開発中
モバイル対応: パソコン、スマートフォン、タブレットに最適なレイアウトになるようサイトを調整する ×
ロゴ: サイトにロゴを追加する
ページのコピー: 既存のページをコピーして新しいページを作成する
サイトのコピー: 既存のサイトをコピーして新しいサイトを作成する
サブページの追加: 任意のページの下位に複数のサブページを追加する サブページは 5 レベルまで 無制限

<表示と編集>

新しい
Google サイト
以前の
Google サイト
カスタム ウェブアドレス: すでに所有しているウェブアドレスでサイトが表示されるよう設定する ○(常に安全) ○(http のみ)
Google Domains: ワンクリックの統合で、ウェブアドレスを Google が管理するドメインにマッピングする 開発中 ×
サイトの権限: サイトを閲覧、編集できるユーザーを指定する
ページレベルの権限: サイトのページごとに閲覧、編集できるユーザーを指定する ×
サイト訪問者のコメント: サイト訪問者がコメントを追加できるセクションを追加する ×
編集者のコメント: サイトの下書きを他の編集者と共同編集する 開発中 ×
ブラウザのサポート:  Google Workspace に対応している任意のブラウザでサイトを表示、編集する

<分析とアクセス>

以前の
Google サイト
新しい
Google サイト
Google アナリティクス: Google アナリティクスを使用してデータを分析し、サイトに関する適切な判断を下す
スクリーン リーダー: 視覚障がいのあるユーザーがスクリーン リーダーを使用できるようにする
キーボード ショートカット: キーボード ショートカットを使用して一般的な操作を効率的に行う

<管理者向け機能>

新しい
Google サイト
以前の
Google サイト
サイトの制御: ドメインでサイトを有効または無効にする
編集権限と作成権限: ドメイン内でユーザーのサイト編集権限やサイト作成権限を管理する
管理設定: サイトやテンプレートなどの設定を共有するユーザーを管理する。新しい Google サイトの一部の設定は、組織のドライブの設定に基づきます。
ドライブ: サイトはドライブに保存されるが、保存容量にはカウントされない ×
Drive API: プログラムを使用してサイトにアクセスする ×
Sites API: アプリに Google サイト内のコンテンツを変更する許可を与える 開発中
Vault: データの保持、記録保持、検索、書き出しを行い、組織のデータ保持と電子情報開示のニーズに対応する ×

以前の Google サイト は 新しい Google サイトに変換できる

では以前のGoogle サイトで 構築したサイトはもう使えないのでしょうか?
ご安心ください。以前のGoogle サイト を新しい Google サイト に変換するツールが Google より提供されています。
変換後結果は下書きとして確認、修正した後に公開することができます。
変換の手順には以下の通りです。とても簡単な3つのSTEPで作業は完了です。

まず、画面右上の設定ボタンから「サイトを管理」を選択します。

<変換前サイト>

STEP1:左サイドメニューから「新しいサイトに変換」を選択します。

STEP2:「開始」ボタンをクリックし、新しいサイトへの変換処理を実行します。
新しいサイトで提供対象外となるガジェットや機能については別の機能に置き換わります。詳細は「警告」の欄をご確認ください。
変換処理が完了すると下書きサイト作成完了の通知メールが送信されます。

STEP3:変換後のサイトを確認します。「下書きを確認」ボタンをクリックすると、新しいサイトで変換されたサイトの編集ページに遷移します。以上で新しいサイトへの変換は完了です。
<変換完了画面>

大きな崩れもなく変換ができました。
<変換後サイト>

画像サイズの変更をはじめとした修正も専門的な知識がなくとも、直感的に行うことができます。

<新しいサイト編集画面>

旧 Google サイト管理ツールを活用して計画的に移行しよう

現在すでに新しい Google サイト がウェブサイト作成のデフォルトオプションと設定されておりますが、2020年11月1日から従来のサイトでは新規作成ができなくなります。
そして、2021年末で従来の Google サイトは終了となる予定です。
従来のサイトをどのくらい持っているのか、把握するだけでも大変という方もいらっしゃるかと思います。
Google ではスムーズな移行をサポートするための「旧Google サイト管理ツール」を提供しています。このツールを使用すると以前の Google サイトを一覧で確認することができます。また、ツールからサイトのオーナーにメールで移行を依頼したり、不要なサイトの整理などもできます。ツールを活用して計画的に新しい Google サイト への移行を進めていきましょう。

<旧 Google サイト 管理ツール>
https://sites.google.com/classicsitesmanager

ワークスタイル変革分野のスペシャライゼーションを保持する吉積情報が一歩先の Google Workspace 活用術をご案内します

吉積情報株式会社は、日本初の Google 認定のワークスタイル変革分野のスペシャライゼーション取得企業です。Google ドライブ や Meet をはじめとした Google Workspace の一歩進んだ活用にご興味のある方はぜひ以下お問い合わせ先からご連絡ください。

また、吉積情報株式会社は Google ドライブをより安全に活用するためのWebサービス「 Cmosy 」の提供も行なっています。機能や導入実績等、Cmosyについて詳しく知りたい場合は、以下バナーから資料請求、もしくは公式ページから直接お問い合わせください。

Google Workspace については以下から問い合わせが可能です。

吉積情報株式会社

TEL:03-6280-5940
メール:sales@yoshidumi.co.jp
サービス紹介URL: https://www.yoshidumi.com/service/gsuite/

Cmosy については以下URLからお問い合わせ可能です。
https://www.cloud-ace.jp/cap_solution/cmosy/

ダウンロード(無料)

  

メールアドレス

企業名

部署

お役職

お名前

都道府県

ご住所

電話番号

Cmosy導入予定について

IT製品・サービス導入におけるお客様の立場

プライバシーポリシーに同意して送信すると、当社が個別に設定を行う場合を除き、当社はお客様のWebブラウザのクッキーにより当社のWebサイト上におけるお客様の行動履歴と個人情報を紐付けて把握、分析します。

合わせて読みたい