【新型コロナウイルスに関する対応について】

2020年
2月12日(水)
東京
東京 2020年2月12日(水)15:00-17:30

ハイブリッドクラウドを実現するための最適解

  • セミナー
  • 初心者向け
  • マルチクラウド
smn-imgbox

変化の多い時代に、ベンダーに依存しないことや、柔軟なアーキテクチャが理想の1つです。
その中で、クラウドによる IT 基盤は今後更に重要性を高め、マルチ・ハイブリッドクラウドが不可欠になっていくと見られております。
そのためのアプリケーションのコンテナ化、モダナイゼーション、オンプレとの連携などマルチ・ハイブリッドクラウドを実現するための最適解を解説いたします。

2020年2月12日(水) 15:00-17:30
Google渋谷オフィス
無料
  • セミナー
  • 初心者向け
  • マルチクラウド

このセミナーで学べること

  • 自社でオンプレミスを利用しており、自社の財産を活かしつつクラウド化したい人におすすめ
  • アプリケーションのモダナイゼーションに興味がある方

講演内容

第一部:Google Cloud で実現するエンタープライズシステム環境(30分)

講演者グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 カスタマーエンジニア 高田泰志様
講演内容Google Cloud にはエンタープライズシステムに最適な多くのサービスがあります。基本的なGoogle Cloud Platform の概要から、クラウド環境を構築における Google Cloud の利用におけるメリットを解説します。

第二部:コンテナとアプリケーションのモダナイゼーションについて(30分)

講演者クラウドエース株式会社 事業推進本部 エモーショナルエバンジェリスト 川口ラリオス
講演内容マルチクラウドやハイブリッドクラウドにおいては、従来のリフト&シフトだけではなく、モダナイゼーションがポイントとなります。コンテナ化する際に考えるべきポイントについて解説いたします。

休憩(10分)

第三部:GCP とオンプレミスのデータ連携を可能にする!ネットアップ のクラウドデータサービスご紹介(30分)

講演者講演者:ネットアップ合同会社 システム技術本部 シニアソリューションアーキテクト 大野靖夫 様
講演内容GCP で活用できる NetAppのストレージ技術についてご紹介いたします。
ネットアップ の Cloud Volumesは 一般的なデータストレージとしての利用に加え、エンタープライズクラスのデータ管理機能、Kubernetes™ (GKE™ / Anthos)等との統合、既存システムのスムーズなクラウド移行、オンプレミスとマルチクラウド間のデータ連携などを可能にします。

第四部:Q&A(30分)

懇親会(17:30 〜19:00)

  • セミナー内容は一部変更となる場合がございます。ご了承下さい。

セミナー概要

主催 クラウドエース株式会社
協賛/共催 共催:ネットアップ合同会社 協力:グーグル・クラウド・ジャパン合同会社
開催日時 2020年2月12日(水) 15:00-17:30
申込締切 2020年2月10日(月) 14:00
会場 Google渋谷オフィス
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3丁目21−3 渋谷ストリーム【地図
アクセス 当日エントランスに受付が設置されておりますのでそちらまでお越しください。
※セミナー受講の案内は、前日までに配信予定です。
定員 60名
参加費 無料
対象者
  • Google Cloud Platform を導入を検討されている企業の経営者、役員の方
  • Google Cloud Platform を導入を検討されている企業の、クラウドを取り扱うご担当者様
  • 本セミナーのプライバシーポリシーに御同意いただける方

※Google Cloud Platform の導入を検討されている、エンドユーザー企業の参加者を優先させて頂きますのでご承知ください。
※また、競合他社企業様の本セミナーへのご登録はお断りさせていただいておりますのでご了承ください。
※本セミナーは共催セミナーのため、共催企業様(グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 / ネットアップ合同会社)のプライバシーポリシーにも同意のうえお申込みいただきたく存じます。

お問い合わせ

担当:クラウドエース株式会社 インサイドセールス
メール:is-marketing@cloud-ace.jp
電話:0120-054-451