Google Cloud Platform トレーニングサービス コース案内

  1. Google Cloud Platform(GCP) のクラウドエース/
  2. Google Cloud Platform トレーニングサービス/
  3. コース案内/
  4. Developing Solutions with Google Cloud Platform

Developing Solutions with Google Cloud Platform

受講日数
3日間
受講料
300,000円(税別)

講義、デモ、ハンズオンラボを通して、GCP サービスと事前訓練された機械学習 API の使用方法を学び、セキュアでスケーラブル、さらにインテリジェントなクラウド ネイティブ アプリケーションを構築します。

直近の開催日程
現在予定しているトレーニングはありません。

トレーニング概要

対象者

クラウド ネイティブ アプリケーションの構築や、Google Cloud Platform 上で動作する既存のアプリケーションの再設計をするアプリケーション開発者。

前提知識
  • ・「Google Cloud Platform Fundamentals: Core Infrastructure」を修了しているか、同等の経験がある。
    Node.js の実用的な知識がある。
  • ・コマンドライン ツールと Linux オペレーティング システム環境についての基本的なスキルがある。
当日必要なもの

PC(最新版のGoogle Chromeをインストールしてお持ち下さい)

プログラム
  • ・モジュール 1: アプリケーション開発のベスト プラクティス
  • ・モジュール 2: Google Cloud Client ライブラリ、Google Cloud SDK、Google Firebase SDK
  • ・モジュール 3: データ ストレージ オプションの概要
  • ・モジュール 4: Google Cloud Datastore を使用するためのベスト プラクティス
  • ・モジュール 5: バケットとオブジェクトのオペレーションを実行する
  • ・モジュール 6: Google Cloud Storage を使用するためのベスト プラクティス
  • ・モジュール 7: アプリケーションを保護する
  • ・モジュール 8: Google Cloud Pub/Sub を使用してアプリケーションのコンポーネントを統合する
  • ・モジュール 9: アプリケーションにインテリジェンスを追加する
  • ・モジュール 10: イベント駆動型処理に Google Cloud 関数を使用する
  • ・モジュール 11: Google Cloud Endpoints で API を管理する
  • ・モジュール 12: Google Stackdriver を使用してアプリケーションをデバッグする
  • ・モジュール 13: Google Cloud Container Builder、Google Cloud Container Registry、Google Cloud Deployment Manager を使用してアプリケーションをデプロイする
  • ・モジュール 14: アプリケーションの実行環境
  • ・モジュール 15: パフォーマンスをモニタリングし調整する
受講料

300,000円(税別)

Google公認のGCP認定トレーニング トレーニングへのお申し込みはこちら

トレーニング

  • GCP 認定トレーニングについて
  • コース案内
  • スケジュール
  • 受講の流れ
  • 会場
  • よくある質問

PAGETOP