Google Cloud Platform 7つのメリット

  1. Google Cloud Platform のクラウドエース:HOME/
  2. レポート/
  3. Google Cloud Platform 7つのメリット
このエントリーをはてなブックマークに追加

Google が提供するクラウドがどれほど強力かを端的にあらわす7つのサービス

カテゴリー

Google Cloud Platform を使うメリットして一番に上がるのが、やはりGoogle が提供する各種サービスを支える強力なインフラを、そのまま利用できる点です。このレポートでは、実際にGoogle のインフラが、どれだけの自社サービスを支えているのかをご紹介します。

 

Google検索

Google といえば一番よく利用されるのが検索です。皆さんも一度は利用されたことがあるのではないでしょうか? では実際に、全世界ではどれくらい利用されているかと言うと、2011年の時点で、1日10億回以上と言われてます。秒に直すと、全世界で毎秒1.1万回を超える検索が行われています。そして検索結果を返すまでの平均時間は、0.25秒以下です。検索対象となるインデックスデータは、100ペタバイトと、もはや単位が変わってピンと来ないレベルですね。(=100,000TB)
検索サービスについては、Google 検索の紹介ページで詳細に説明されてますので、興味あるかたはぜひ、ご一読ください。なかでも、ショーケースのSearch Globeは、言語・エリア別の検索回数を地球儀上に棒グラフとして表示していて、一見の価値有りです。

 

Gmail

Gmailも、Google 検索についで使ったことのある方の多いサービスではないでしょうか?2004年4月1日に提供を開始したGmailは、2012年6月に利用者数が4億2500万人になり、世界最大のWebメールサービスになりました。2014年現在、アクティブユーザー数は全世界で5億人以上と言われています。

 

Google Apps for Work / Google Drive for Work

GmailやGoogle カレンダー、Google Drive などを、企業などの組織で利用できるように管理機能を加えてコラボレーションツールとして提供されるGoogle Apps。全世界で約500万社、8000万ユーザーが利用していると言われます。2014年6月のGoogle I/Oで発表されたGoogle Drive for Workでは、5ユーザー以上の利用で容量無制限のストレージが使えるという非常に強力なサービスとなりました。無制限ということは、もはや桁が違う、というレベルではないですね。

 

Google Map

月間アクティブユーザー数は、PC版で10億人以上、モバイル版も3億人以上です。

 

Google Play

Android ユーザーであれば利用しているであろう Google Play は、Android端末向けのアプリやデジタルコンテンツを配信するグローバルプラットフォームです。 Android端末の累計アクティベーション数は、2013年7月の時点で全世界で9億台を超えていて、190カ国を超える世界中のユーザーにアプリやコンテンツを配信でき、有償無償含めたコンテンツ数は100万を超え、累計ダウンロード数は500億回以上と言われています。

大人気のパズルゲーム「パズル&ドラゴンズ」は、そのあまりの人気でこのパワフルな Google の決済インフラに影響を与え、「パズドラエフェクト」として有名になったことは記憶に新しいですね。

 

Google App Engine

Google Cloud Platform のサービスの一つである Google App Engine 。弊社では2008年のβ版リリースより利用しておりまして、最近は随分と普及が進んできました。 Google によると、2014年現在、475万のアクティブアプリケーションが動いていて、毎日280億件のリクエストを処理しているそうです。世界中で利用されているWikipediaで毎日26億件程度なので、その10倍以上とは、凄いですね。

 

YouTube

最近はYouTuberと呼ばれる動画再生での広告収入を主な収入源とする人たちの出現でも話題のYouTubeですが、こちらもものすごい量のデータが飛び交っています。YouTubeの統計情報のページによると、毎月10億人以上のユニークユーザーがYouTubeにアクセスをしていて、毎月60億時間以上の動画がYouTubeで再生されています。アップロードに至っては、1分あたり約100時間分の動画がアップロードされているそうです。想像もつかない量ですね。

(ちなみに、上記でご紹介した各種サービスのトラフィック量は、比率としてGoogle の透明性レポートのページでリアルタイムに確認できますので、こちらもぜひご覧ください。)

 

まとめ

Google Cloud Platform を使うということは、Google がこれだけ多くの人にサービスを提供しているのと全く同じインフラをご利用頂くということです。また、Google Cloud Platform の導入支援サービスであるクラウドエースを利用すると、すぐに使えるパッケージプランと、用途に応じてご利用いただけるオプションプランを豊富に用意しておりますので、Google Cloud Platform を簡単に導入頂けます。ぜひ、ご活用ください。

 

この他にも様々なサービスを支える Google Cloud Platform の紹介動画も是非ご覧ください。

巨大なサービスを支える!Google Cloud Platform(2:27)

 
  • Google Cloud Platform とは
  • クラウドサービス比較表
  • セミナー・イベント情報
  • レポート一覧

Google検索、Gmail、Youtubeと同一のインフラを利用できる!世界最先端のGoogleクラウド 活用例

PAGETOP