※新型コロナウイルスへの対応につき、オンラインでの開催のみ受付を行っております。
オンラインでの受講についてはこちらをご確認ください

このプログラムは、セキュリティエンジニアとしてのキャリアを向上させるために必要なスキルを提供し、業界で認められた Google Cloud Professional の認定資格取得をサポートするためのトレーニングを提供します。

講義、デモンストレーション、ハンズオンラボを通じて、Cloud Identity、GCP Resource Manager、Cloud IAM、ファイアウォール、Google Cloud Load Balancing、Cloud CDNなどの安全な Google Cloud™ ソリューションのコンポーネントを学びます。また、Cloud Storage™ のアクセス制御、モニタリング、セキュリティキー、顧客指定の暗号化キー、Google Data Loss Prevention API、Cloud Armor などについても学びます。さらに受講生は、DDos 攻撃、フィッシング攻撃などに対する様々な回避策を学びます。

 

トレーニング概要

プログラムの対象者

Google Cloud Platform のセキュリティを実践的に学びたいクラウドエンジニアの方

前提知識
  • 「Google Cloud Platform Fundamentals: Core Infrastructure」を修了しているか、同等の経験がある。
  • コマンドライン ツールと Linux オペレーティング システム環境についての基本的な知識がある。
  • システム運用の経験がある(これには、オンプレミスまたはパブリック クラウド環境でのアプリケーションのデプロイと管理も含まれます)
当日必要なもの

PC(最新版のGoogle Chromeをインストールしてお持ち下さい)

プログラム

学習内容

  1. セキュリティに対する Google のアプローチを理解します。
  2. Cloud Identity を使用して管理 ID を管理し、VPC ファイアウォールとCloud Armorを使用してIPトラフィック制御を実装します。
  3. Google Cloud Resource Manager、Cloud IAM を使用して、最小権限の管理アクセスを実装します。
  4. 重要な種類の脆弱性、特にデータと VM へのパブリックアクセスについて理解します。