サービスに関するご質問・導入のご相談等、
何でもお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム
クラウドサービス比較表ダウンロード
GCP無料セミナー申し込み

株式会社インターナショナルシステムリサーチ

  1. Google Cloud Platform(GCP) のクラウドエース/
  2. Cloud Ace Partners/
  3. 株式会社インターナショナルシステムリサーチ
このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社インターナショナルシステムリサーチ

概要

弊社はG suite(旧Google Apps)をはじめとする各種クラウドへのセキュアなアクセスを実現するシングルサインオンサービス「CloudGate」を100%自社で開発し提供して参りました。お陰様で1500社68万ユーザー(2017年9月時点)のお客様にご利用頂くサービスに成長しております。これらの実績をGoogle社に認めて頂き、これまでG Suiteスタンダードパートナーとして活動しておりましたが、2017年8月に日本初のGoogleプレミアパートナーとして認定されました。

引き続きCloudGateの開発・販売に力を注ぐと共に、GCE等のIaaS上で開発・サービス運用をされる皆様に向けて、IaaS上のサーバをセキュアに運用頂けるサービス「CloudGate Key Manager」の提供を開始致しました。

弊社の役割は、お客様が安心・安全にクラウドサービスをご利用頂けるようにすることです。1993年の創業以来、インターネット黎明期より常に最先端技術を使ったシステム開発を行い、技術とノウハウを20年以上にわたり蓄積して参りました。

導入時のご提案から運用開始後のサポートまでお客様のご満足頂けるサービス提供をお約束いたします。

サービス内容

GCEをはじめとするIaaS上インスタンスへのアクセス制御サービス「CloudGate Key Manager」を提供しております。

近年、企業のコンピューティングリソース(サーバー)は、クラウドへの移行が進んでおり、インスタンスへのアクセス制御がますます重要となっています。従来、サーバーへのリモートアクセスはSSHプロトコルを使用し適切なセキュリティ対策を実施していましたが、この対策を組織規模へ展開することに苦労し続けてきました。セキュリティ強化のため、ユーザー名/パスワードを利用した認証から、秘密鍵/公開鍵を利用した認証へ移行した事で、多数のインスタンスに対してSSH Keyを登録しなければならなくなり、その管理はとても大変になっています。その結果、長期間利用されたSSH Keyが増加、また複数のユーザーまたは組織全体での共有が行われ、結果としてインフラが危険に晒され、情報漏洩のリスクが高まっています。

CloudGate Key Managerはこのような問題に対応するため、許可されたSSH Keyの利用有効期限の設定、また管理者によって組織、グループ、ユーザー単位など柔軟な属性ベースでのアクセス制御のポリシーを設定できます。さらに、CloudGate UNOと連携することにより認証強化も可能となります。

お問い合わせ先、URL

株式会社インターナショナルシステムリサーチ
CloudGate KeyManager担当
TEL:03-3384-1123
メール:kmsales@isr.co.jp
製品・サービス 紹介URL:https://www.isr.co.jp/key-manager/

PAGETOP