こんにちは、クラウドエース編集部です。

皆さんは普段ストレージサービスを利用していますか? Google ドライブや Dropbox 、 OneDrive 、Box 等、世の中には様々なストレージサービスが存在します。 おそらく、多くの方が無料版のストレージサービスを利用していると思いますが、昨今ではビジネス版のストレージサービスを利用している方も同時に多いのではないでしょうか。

しかしながら、ビジネス版のストレージサービスの分類は非常に複雑です。サービスの種類だけでも多岐に渡っている上、各サービス内にも様々なエディションがあり、エディションによって使える機能も異なり…もはや整理するのは難しい状況です。

今回のコラムでは、今後ストレージサービスの導入を検討する可能性のある方に向けて、以下3つのサービスの徹底比較を行います。

  • Google ドライブ
  • Dropbox
  • OneDrive

3つともクラウドストレージサービスとしては非常に有名ですが、それぞれのサイトを見ても、違いがあまりわからないのが現実です。今回は、それぞれのサービスを徹底的に見比べ、差を明らかにしていきます!

各オンラインストレージの概要を説明

比較に入る前に、それぞれのサービスの概要を説明します。既に各サービスの概要を理解している方は、本章は読み飛ばして先の章へ進んでください。尚、各サービスとも個人向け・ビジネス向けの2つのエディションが存在しますが、ここではビジネスエディションを中心に説明します。

Google ドライブ は Google が提供するオンラインストレージ

Google ドライブ は、その名の通り Google が提供するオンラインストレージサービスです。 Google Workspace (旧 G Suite )に含まれるサービスの一つとして、Gmail や カレンダー、オンライン会議サービス Google Meet 等、各サービスとともに利用できます。( Google Workspace のどのエディションでも Google ドライブ は利用可能です。)

OneDrive は Microsoft が提供するオンラインストレージサービス

OneDrive は、Microsoft が提供するオンラインストレージサービスです。

  • OneDrive のみが使えるエディション
  • Microsoft 365 (旧 Office 365)の一環として、Microsoft Office の各サービスとともに利用できるエディション

上記2つの形態でサービスを提供しています。

Dropbox はファイル共有と共同作業に特化したオンラインストレージ

Dropbox は、その名の通り、 Dropbox社が提供しているクラウドストレージサービスです。 Google ドライブや OneDrirve とは異なり、 ストレージサービス単品で提供されています。あくまでファイル共有や共同作業に特化したサービスであり、オンライン会議などのサービスはありません。

実際に比較をしてみよう

それぞれ多岐にわたるエディションが存在

まずは、 Google ドライブ、 OneDrive 、 Dropbox の各エディションを整理してみます。以下(表1)は、各サービスのビジネス向けエディションと費用をまとめた表になります。

サービス エディション 月額費用
Google ドライブ
( G Suite )
Business Starter 680円
Business Standard 1,360円
Business Plus 2,040円
大規模ビジネス 要問い合わせ
Google Workspace Essentials 8ドル※1
Google Workspace Enterprise Essentials 要問い合わせ※1
Dropbox Business Standard 1,250円
Advanced 2,000円
Enterprise 要問い合わせ
OneDrive for Business One Drive for Business (Plan 1) 540円
One Drive for Business (Plan 2) 1,090円
Microsoft 365 for Business Basic 540円
Microsoft 365 for Business Standard 1,360円
Microsoft 365 for Business Premium 2,180円

表1. 各サービスのエディションと費用

※1 Google Workspace Essentials ・ Google Workspace Enterprise は、 Googleドライブ とその関連機能、および Google Meet に機能を絞って提供されている Google Workspace のプランです。 価格については、前者はドルでの表記しかなく、後者は要問合せとなっています。(2020年10月13日現在の情報)

表1の通り、それぞれエディションが多岐にわたります。

  • Google ドライブ → Google Workspace 内の一つのサービスとして提供
  • Dropbox →ストレージサービス単品での提供
  • Onedrive →ストレージサービスのみ、もしくは Microsoft 365 内の一つのサービスとして提供

また、上記の通り、各サービスの提供形態が異なっていることも、エディションが複雑になっている理由です。

今回のコラムでは、比較の対象がぼやけてしまわないように、比較的価格帯の近い以下のディションに注目し、クラウドストレージ機能に限定して比較を行います。

  • G Suite Business
  • Dropbox Business Standard
  • OneDrive for Business Standard

保存容量は Dropbox が有利か

Google ドライブ Dropbox OneDrive
比較エディション Google Workspace Business Standard Dropbox Business Standard OneDrive for Business Standard
1ユーザー当たり容量 2TB 5TB 無制限
1ファイルの最大サイズ 5TB ※3 無制限※2 15GB

表2. 保存容量の比較

※2 デスクトップアプリ・モバイルアプリ利用時。ブラウザ経由では50GB、APIでは350GBの制限がかかります。

※3 ユーザー当たりの容量が2TBしかないのでは無意味、と思われそうですが、Google Workspace は共有ドライブの容量の計算方法の関係で、実際には5TBのファイルをアップロードできる可能性もあります。この点は調査中ですので、改めてお伝えします。

容量に関しては、このエディションの比較では、Dropboxがわずかに有利、というところでしょうか。1ユーザー当たりの容量が5TBと大きい Dropbox は、大容量ファイルであってもたくさん保存できます。  OneDrive は容量無制限とはいえ、1ファイルのサイズ制限が15GBでは、そのメリットも半減、という感じです。

 Googleドライブ はかつて( G Suite 時代)は同等プランで容量無制限だったのですが、現在のプランでは Dropbox のほぼ下位互換になってしまいました。

ただし、Google Drive は Business Plus で5TB、大規模ビジネス プランで容量無制限になったり、DropboxはAdvanced以上のエディションでは1ユーザー当たりの容量が無制限になったり、用途によっては、上位エディションにすることで課題を克服できる可能性もあります。

 

ファイル共有・共同作業については各サービス共にサポート

比較項目 Google ドライブ Dropbox OneDrive
比較エディション Google Workspace Business Standard Dropbox Business Standard OneDrive for Business Standard
共有機能
Office系ファイルの直接編集・共同編集
ファイルへのコメント・メンション
共有の権限設定 閲覧のみ
閲覧とコメント
編集とコメント
閲覧とコメント
編集とコメント
閲覧とコメント
編集とコメント
共有時のDL禁止設定
リンク共有時のパスワード指定 ×
リンク共有に有効期限を設定
アカウントなしの相手との共有 〇(編集も可) 〇(閲覧のみ) 〇(編集も可)

共有・共同作業に関しては、どれも遜色ありません。ブラウザ版のoffice系ツール( Google  ドキュメント等 / Microsoft Office Online )と連携し、ブラウザ上でoffice系ファイルを共同編集できるのはとても便利です。独自のoffice系ツールを持っていない Dropbox も、 Microsoft Office Online と無料で接続できるようになっているので、全く問題ありません。

違いが出るのは、リンクに対するパスワード設定の機能です。Google ドライブ ではリンク共有時にパスワードを指定することができません。一見「 Google ドライブ ではリンク共有時のセキュリティが弱い」ように見えますが、これは「相手を指定したり、ドメイン内に限定するなど、リンクにパスワードをつけるよりもセキュリティが強固な共有方法を用いれば良い」という考え方かもしれません。あまり大きな問題ではないでしょう。(※4)

また、アカウントなしでの共有( Googleドライブ では「ビジター共有」)についても差が出ます。 Dropbox では閲覧のみ、他2つではアカウントのない相手が編集することも可能です。ただし、こちらもセキュリティ上の観点から、アカウントのない相手の編集が可能というメリットは必ずしも高くなく、あまり大きな差ではないでしょう。(※4)

※4 Google ドライブのファイルにパスワードをつけたり、アカウントのない相手へ共有したりする機能については、後述する Cmosy というサービスがサポートしています。

検索性はGoogle ドライブ・One Driveがやや有利

比較項目 Google ドライブ Dropbox OneDrive
比較エディション Google Workspace Business Standard Dropbox Business Standard OneDrive for Business Standard
スキャン機能※4
OCR
全文検索 △※6
(画像内の文章は×)
デスクトップでの利用
※5

(ファイルストリーム)

(スマートシンク)

(ファイル オンデマンド)

※5 スマートフォンアプリを利用して、ドキュメントや画像をスキャンし、ファイルとしてアップロードする機能です。

※6 デスクトップで、オンラインストレージ上のファイルを閲覧できます。しかも逐次ダウンロードするので必要な容量は少なくて済みます。

※7 Dropbox はビジネスエディションだとOCRできると書いてある一方、「PDFの中の文章を検索する」機能は実装されていません(PDFに含まれる画像が対象)。

 

オンラインストレージで重要なことの一つに、検索性があります。「せっかく保存したファイルが見つからない」となってしまっては保存した意味がありません。

比較対象としているビジネスエディションに関しては、いずれも全文検索を利用することができます。ファイル名そのものが分からなくても、ドキュメントに書かれている文章の内容さえ覚えていれば、検索で見つけ出すことが可能です。

さらに、 Google ドライブと OneDrive では、OCRを利用した「画像内の文章の検索」も可能です。PDFファイルであっても、Office系ドキュメントファイルなどと同様に検索が可能です。この機能は地味ながらもかなり有用かと思います。

ファイル復元はDropboxが安心

比較項目 Google ドライブ Dropbox OneDrive
比較エディション G Suite Business Dropbox Business Standard OneDrive for Business Standard
ファイル復元有効期間
(削除後の日数)
25日 180日 93日

人間にはミスがつきもの。誤ってファイルを削除・変更してしまい、あとから「あのファイル(バージョン)必要だった…」となってしまうこともあるかもしれません。そのような時のために、各サービスとも「ファイルの復元機能」を備えています。削除・変更後も一定期間であれば、元に戻すことが可能です。

しかし、削除後に復元可能な日数については、大きく異なります。中でも Dropbox は、およそ半年にわたり変更の復元が可能で、ミスにやさしい設定となっています。ここは Dropbox の強みが表れたといえるでしょう。

サポートはGoogle ドライブ・OneDriveが安心

比較項目 Google ドライブ Dropbox OneDrive
比較エディション Google Workspace Business Standard Dropbox Business Standard OneDrive for Business Standard
メールサポート 24時間365日 24時間365日 24時間365日
電話サポート 24時間365日 営業時間のみ 24時間365日

困ったときのサポートに関しては、メール・電話共に24時間365日対応しているGoogle ドライブ・OneDriveが安心です。

トータルで見ると Google ドライブに若干の利がありそう

ここまで比較してきましたが、正直言って、多くの機能ではかなり拮抗しています。やはり長年のライバルであるだけあって、相手に負けじと、それぞれ足りない機能を補ってきた歴史があるのだと考えられます。

もちろん、エディションや求める機能によっては他のサービスが有利になる場面もあると思います。 Google ドライブ はあくまで Google Workspace (旧 G Suite )の機能の一つであり、 OneDrive も Microsoft 365 のエディションにおいては機能の一つです。他の機能やエディションの差異も、比較検討の際は重要になってくるでしょう( Google Workspace (旧 G Suite )と Microsoft 365 の比較に関しては、弊社のこちらのコラムも参照してください)。

この記事が、ストレージサービスの比較に少しでも役立てば幸いです。

ドライブマネージャーで共有ドライブの運用をより安全に

弊社グループ会社の吉積情報株式会社では、 Google ドライブや共有ドライブをより安全に運用するために「 ドライブマネージャー 」を提供しています。ドライブマネージャーは共有ドライブの利用状況を可視化したり、チーム単位で G Suite リソースを管理したり、 G Suite にはない拡張機能を提供しています。特に共有ドライブに関連する機能が充実しており、社外共有されたまま放置されている共有ドライブの抽出や利用状況(直近の更新日時、ファイル数等)の可視化等、 G Suite の管理機能もサポートしていない機能も提供しています。

ドライブマネージャーについて詳しく知りたい方は以下記事をご参考ください。
Google ドライブ拡張ツール「ドライブマネージャー」とは何か

Cmosy や ドライブマネージャーのお問い合わせはコチラ

吉積情報株式会社は、ドライブマネージャーとは別に Google ドライブ拡張ファイル共有サービス「Cmosy」の提供も行っています。一般的に Google ドライブ でファイルの社外共有をNGにしている企業が多いのですが、Cmosy を利用すると、この制約を保持した状態でファイルを社外と共有することができます。

Cmosy について詳しく知りたい方は以下記事をご参考ください。

価格体系等 Cmosy や ドライブマネージャーについて、さらに詳しく知りたい場合は、コチラから直接資料請求を行ってください。

ダウンロード(無料)

  

メールアドレス

企業名

部署

お役職

お名前

都道府県

ご住所

電話番号

Cmosy導入予定について

IT製品・サービス導入におけるお客様の立場

プライバシーポリシーに同意して送信すると、当社が個別に設定を行う場合を除き、当社はお客様のWebブラウザのクッキーにより当社のWebサイト上におけるお客様の行動履歴と個人情報を紐付けて把握、分析します。

合わせて読みたい