Google のサイト信頼性エンジニアリング(SRE)の実績ある設計パターンと原則を利用し、信頼性と効率に優れたソリューションを Google Cloud Platform 上で構築する方法を学習します。本コースは、Architecting with Google Cloud Platform: Infrastructure の後続コースになります。
信頼性とセキュリティに優れた GCP デプロイメントを設計する方法と、GCP デプロイメントの可用性と費用対効果を高く維持するように運用する方法を学習します。

トレーニング概要

対象者
  • クラウド ソリューション アーキテクト、サイト信頼性エンジニア、システム運用プロフェッショナル、DevOps エンジニア、IT マネージャー
  • Google Cloud Platform を使用して新しいソリューションを作成する、または既存のシステム、アプリケーション、環境、インフラストラクチャを Google Cloud Platform と統合するデベロッパー
前提知識
  • クラウド ソリューション アーキテクト、サイト信頼性エンジニア、システム運用プロフェッショナル、DevOps エンジニア、IT マネージャー
  • Google Cloud Platform を使用して新しいソリューションを作成する、または既存のシステム、アプリケーション、環境、インフラストラクチャを Google Cloud Platform と統合するデベロッパー
  • 「Architecting with Google Cloud Platform: Infrastructure」を修了しているか、同等の経験がある
    コマンドライン ツールと Linux オペレーティング システム環境についての基本的なスキルがある
    システム運用の経験がある(これには、オンプレミスまたはパブリック クラウド環境でのアプリケーションのデプロイと管理も含まれます)
当日必要なもの

PC(最新版のGoogle Chrome ブラウザをインストールしてお持ち下さい)

プログラム

クラウド インフラストラクチャ: 設計パターン

  • モジュール 1: サービスの定義
  • モジュール 2: ビジネス ロジック レイヤ向けの設計パターン
  • モジュール 3: データレイヤ向けの設計パターン
  • モジュール 4: ネットワーク向けの設計パターン

クラウド インフラストラクチャ: サイト信頼性エンジニアリング

  • モジュール 5: スケーラビリティ、復元力、障害復旧
  • モジュール 6: セキュリティを考慮した設計と実装
  • モジュール 7: コストの最適化とキャパシティ プランニング
  • モジュール 8: デプロイとモニタリング
  • モジュール 9: アラートとインシデント対応