ワークロードの Docker コンテナへのコンテナ化、Google Kubernetes Engine が提供する Kubernetes クラスタへのデプロイ、トラフィックの増加に対応してこれらのワークロードをスケールする方法を学びます。また、Kubernetes クラスタに新しいコードを継続的にデプロイしてアプリケーションを更新する方法も学びます。

トレーニング概要

対象者
  • アプリケーション開発者、クラウド ソリューション アーキテクト、DevOps エンジニア、IT マネージャー。
  • Google Cloud Platform を使用して新しいソリューションを作成する、または既存のシステム、アプリケーション、環境、インフラストラクチャを Google Cloud Platform と統合するデベロッパー。
前提知識
  • コマンドライン ツールと Linux オペレーティング システム環境およびウェブサーバーについての基本的なスキルがある。
  • システム運用の経験がある(これには、オンプレミスまたはパブリック クラウド環境でのアプリケーションのデプロイと管理も含まれます)。
当日必要なもの

PC(最新版のGoogle Chrome ブラウザをインストールしてお持ち下さい)

プログラム
  • モジュール 1: コンテナと Docker の概要
  • モジュール 2: Kubernetes の基礎
  • モジュール 3: Kubernetes へのデプロイ
  • モジュール 4: Jenkins による継続的デプロイ