クラウドとは

概念的な説明をすると、クラウドとは、インターネットに接続することを前提とする各種のサービスのことです。
主体がインターネットの向こう側にあり、利用量に応じて柔軟にキャパシティを増やせることが特徴といえます。サービスは、コンピュータリソースだったり、アプリケーションだったり、OSであったり、様々なものを提供しています。
そこからクラウドの意味も人によって様々な捉え方をされているようです。
例えば、

  • メールやカレンダーといったグループウェアなどのように捉えている
  • データを保存するストレージのように捉えている
  • 開発環境のように捉えている

などなど…。
言葉のみでみると、それらは別個のものであり、とても同じ「クラウド」を指しているようには見えないかも知れません。しかし、実はこれらは全て「クラウド」を指しています。
クラウド、で表す意味の範囲はとても広く、幅広く様々な意味で解釈されています。そのため実際に仕事上の会話で利用する場合、現在では、利用形態によって分類した用語が使用されます。
それが、「SaaS」「PaaS」「IaaS」に当たります。
それでは、この「SaaS」「PaaS」「IaaS」とはどのようなものなのかを、以下で説明します。

【参考】

追記: SaaS、PaaS、IaaS各サービスについて、Googleのクラウドサービス(GCP)、Amazonのクラウドサービス(AWS)、Microsoftのクラウドサービス(Azure)を比較することでインフラ視点からの理解が深まるためこちらの資料を合わせてお読みいただくと体系的に理解を深めていただけます。

メールアドレス

企業名

部署

お役職

お名前

都道府県

ご住所

電話番号

GCP導入予定について

IT製品・サービス導入におけるお客様の立場

プライバシーポリシーに同意して送信すると、当社が個別に設定を行う場合を除き、当社はお客様のWebブラウザのクッキーにより当社のWebサイト上におけるお客様の行動履歴と個人情報を紐付けて把握、分析します。


 

SaaS (Software as a Service)とは

SaaSとは、「Software as a Service」の頭文字を取った略語で「サース」と読みます。
これまでパッケージ製品として提供されていたソフトウェアを、インターネット経由でサービスとして提供・利用する形態のことを指します。
SaaSの特徴としては、以下のようなものが考えられます。

  • データをインターネット上に保存することができる
  • PC、スマートフォン、タブレットなど端末を選ばずにデータにアクセスできる
  • 複数の人間が同一データを共有し、更に編集もできる

G Suite やSalesforceなどがSaaS型サービスの代表例として挙げられるでしょう。

PaaS (Platform as a Service)とは

PaaSは「Platform as a Service」の頭文字を取った略語で「パース」と読みます。
アプリケーションソフトが稼動するためのハードウェアやOSなどのプラットフォーム一式を、インターネット上のサービスとして提供する形態のことを指します。
このPaaSは、エンドユーザにオンライン上でサービスを提供するSaaSの考え方をさらに深化させたものとなり、プラットフォームを大規模なデータセンターなどに用意して外部に開放し、主に企業などのユーザーが、その上にサービスを開発するものになっています。
開発者は、あるシステム設計に沿った方法でアプリケーションを開発できるので、コストを抑えてかつ早くシステム開発をおこなうことができます。 Google App Engine やMicrosoft Azure(マイクロソフト・アジュール)などが代表的なサービスとして挙げられるでしょう。

IaaS (Infrastructure as a Service)とは

IaaSは「Infrastructure as a Service」の頭文字を取った略語で「イァース」と読みます。
情報システムの稼動に必要な仮想サーバをはじめとした機材やネットワークなどのインフラを、インターネット上のサービスとして提供する形態のことを指します。少々乱暴に区分すると、これまでのホスティングサービスと言われるサービスと提供範囲の区分ではほぼ変わりません。では何が異なるかと言うと、IaaSの最後の「サービス」という点になります。サーバを利用する際に必要なハードウェアのスペックやOSを、ユーザーが自分で自由に選定して、ネットワーク越しに利用することが可能です。Google Compute Engine や Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) が代表的なサービスとして挙げられます。

まとめ (図解)

IaaS、PaaS、SaaSの区別についてまとめると、ソフトウェアサービスを提供するのに必要な構成要素の提供段階によって区別することができます。
その構成要素は大きく分けて、ネットワーク、ハードウェア、オペレーティングシステム(OS)、ミドルウェア、アプリケーション、の5つに区分されます。基本的にはこの5つはこの逆順に依存関係にあります。アプリケーションはミドルウェアが無いと動作せず、ミドルウェアはOSが無いと動作しない、ということを覚えておくと良いでしょう。

SaaSは5つの要素がすべて含まれており、近年最も利用されているクラウドサービスです。
SaaSを導入することで、これまでソフトウェアを購入・インストール
するコストや時間、セキュリティの問題などが大幅に改善され、ユーザーのサービス利用におけるハードルが劇的に緩和されるようになりました。

【参考】

<注目>
今回の新型コロナウイルス対策で企業のテレワークの導入・推奨が進むなか、クラウドエース では G Suite を活用したテレワークナレッジをまとめたe-Bookを作成いたしました。期間限定で無料ダウンロードいただけますので、ご興味ある方は是非お読みください。

「Google Cloud™️ で簡単に今すぐできる働き方改革!〜テレワーク編〜」

ダウンロード(無料)

メールアドレス

企業名

部署

お役職

お名前

都道府県

ご住所

電話番号

GCP導入予定について

IT製品・サービス導入におけるお客様の立場

プライバシーポリシーに同意して送信すると、当社が個別に設定を行う場合を除き、当社はお客様のWebブラウザのクッキーにより当社のWebサイト上におけるお客様の行動履歴と個人情報を紐付けて把握、分析します。

合わせて読みたい