サーバー管理者の方であれば、社内にサーバールームがあり、ビルのメンテナンスなどの計画停電の度に全てのサーバーを再起動して回っている、という経験は誰しもあるのではないでしょうか?
クラウド化をすることで、サーバーがインターネット越しに利用できるようになるため、物理的なサーバー設置環境の制約を受けなくて済むようになります。停電などの影響はもちろんですが、サーバーの増設の際に空きのラック数や、物理的な故障によるハードの交換などを気にしなくて良くなるのは、サーバー管理者の方にとっては、計り知れない大きなメリットです。
また、運用しているサービスの利用増加に伴うサーバー増強の手配や、新規サービスのためのテスト環境の用意などの場合、従来だと保守を含めたハードウェア費用として見積を取るところから始めないと行けなかったところが、オンラインでサインアップするだけで簡単に手配できるようになり、検証に必要な期間だけ契約することも可能になります。
さらにクラウドエースのマネージド・サーバープランをご利用いただくと、サービス・リソースの監視やバックアップの設定、リストアなど、サーバー運用に付随する様々な業務を、マネージドホスティングとして提供しておりますので、サーバー管理者の方の業務不可を下げ、その他本来取り組むべき業務に時間をお使い頂けます。

クラウドサービス比較表
無料ダウンロード

現在最も広く利用されている GCP、AWS、Azure の
3つのクラウドサービスを徹底的に比較した弊社独自の
比較資料(PDF)を無料でダウンロードいただけます。

5つの切り口、27項目にて徹底比較!

  • ① 性能面 - 起動時間やスパイク対応が最も高いのは?
  • ② 機能面 - ビッグデータの集計やAPI連携に強いのは?
  • ③ セキュリティ - 最も高い水準の第三者認証の取得は?
  • ④ 運用・保守 - 日本語によるサポートが可能なのは?
  • ⑤ 費用面 - 料金体系がわかりやすいのは?

無料ダウンロード

メールアドレス

企業名

部署

お役職

お名前

都道府県

電話番号

GCP導入予定について