こんにちは、クラウドエース編集部です

弊社(クラウドエース株式会社)のグループ会社である吉積情報株式会社がTBSラジオ様と共同で開発した「Cmosy同録システム」がCmosyの関連サービスとして昨年4月にリリースされました。今回の記事ではCmosy同録システムがラジオ同録にもたらす効果について解説します。

メールアドレス

企業名

部署

お役職

お名前

都道府県

ご住所

電話番号

Cmosy導入予定について

IT製品・サービス導入におけるお客様の立場

プライバシーポリシーに同意して送信すると、当社が個別に設定を行う場合を除き、当社はお客様のWebブラウザのクッキーにより当社のWebサイト上におけるお客様の行動履歴と個人情報を紐付けて把握、分析します。

ラジオ同録とは

ラジオ同録(法定同録)とは、ラジオ局が放送した音声を3ヶ月間保管することを義務付けられた法律のことです。問題発生時の確認のために保管される意図もあります。ただし、保管された素材には著作権があるので、視聴者個人が録音した音声を YouTube 等にアップロードしたり、二次販売することは禁じられています。法定同録はあくまで放送局に対して義務付けられた法律です。

ラジオ同録の課題

現在、ラジオ局は売上規模縮小による経費削減や人材不足をはじめとした様々な問題を抱えています。その中でもラジオ同録はオンプレ環境で構築されるケースが多く、設備に対するメンテナンス業務や費用が大きな負担になっています。本来、クリエイティブな作業がメインの業務であるラジオ局にとって、これらは大きな問題です。Cmosy同録システムはこのような課題を解決するために開発されました。

ラジオ同録を G Suite / GCP で構築した理由

  • G Suite を採用した理由
    TBSテレビ様では、既に G Suite Business が導入されていたため、このサービスの大きなメリットの一つである「無制限ストレージ( Google ドライブ)」をベースにシステムを構築することになりました。ラジオ音声は日々放送され蓄積されているため、無制限にファイルを保管できるのは非常に大きなメリットです。もちろん、ストレージの増減等のメンテナンス作業も発生しないため、管理者は煩雑な保守業務から解放されます。
  • GCP を採用した理由
    第一のメリットとして、G Suite と GCP は同一の Google ネットワーク上で繋がっているため、高速にファイルを処理することができます。また、今回採用した GCP サーバは(当たり前ですが)全てクラウド上で動作します。
    これらのサーバの保守は Google が行うため、管理者がサーバ上で動作するソフトウェアのアップデート等を行う必要はありません。

Cmosy同録システムが提供する3つの機能

Cmosy同録システムはラジオ同録に関する業務を Google クラウドを活用し自動化した SaaS サービスです。Cmosy同録システムは以下3つの機能を提供します。
これらは全てクラウド上で構築され、ユーザはブラウザから操作を行うことができます。次章以降はこの3つの機能の詳細な概要について説明します。

  • 法定同録機能
  • CM素材送付機能
  • アーカイブ機能

機能①法定同録機能の概要

法定同録機能は、音声ファイルを定期的にクラウド( Google ドライブ )上にアップロードする機能です。機能の概要図は以下の通りです。ファイルの保管先は Google ドライブ を前提にしています。

  • 社内NWからクラウドへのアップロード
    クラウドへのアップロードは、事前にセットアップしたクライアントアプリケーションから実行します(自動定期実行)。AirRecで録音した音声が所定マシンのフォルダに出力されると、クライアントアプリは1時間に一回の頻度でクラウドに同録ファイルをアップロードします。アプリはあくまでクラウドにファイルをアップロードすることに専念しており、録音についてはAirRecが行なっています(※1)。
    ※1 録音に必要なアプリケーションについてはAirRecに限りません。アップロード機能と録音機能は疎結合になっているため、他の録音アプリとの連携も可能です。
  • クラウド上の音声視聴
    Google が無料で提供する File Stream を利用すれば、作業PCと Google ドライブをローカル上に同期することができます。ディスクが同期されると、作業PC上にインストールされた任意のメディアプレイヤーで音声ファイルを再生することができます。再生にはAirPlayを推奨しています(※2)。AirPlayを利用すれば分割された音声を繋げて横断的に再生が可能です。また、音声ファイルへのアクセス制御は Google ドライブの権限設定に依存します。これにより、任意のユーザのみにアクセス権限を与えることが可能です。
    ※2 音声ファイルの再生はご利用のプレイヤー(mp3対応)で再生可能です。プレイヤーがない場合でもブラウザがあれば再生することができます。
  • 機能②CM素材送付機能の概要

    クラウド上の音声からCM部分だけを切り取り、CM音声を任意のユーザに転送する機能です。機能の概要図は以下の通りです。

    • 時間跨ぎの音声切取りが可能
      法定同録機能によってアップロードされる音声ファイルは、1時間単位で保管されますが、音声切取を行う場合時間跨ぎで音声の切り取りが可能です。数時間に及ぶ
      尺でも切り取ることができます。
    • 送付前のプレビューが可能
      切り取りが完了すると、送付前に切取った音声のプレビューが可能です。切り取り素材をプレビュー後、問題なければファイルを送付することができます。
    • 社外ユーザにファイル送付が可能
      切取ったCM素材を広告会社等のお客様に送付することが可能です。もちろん外部ユーザ(同一 G Suite ドメイン外)に対しても素材の送付が可能です。

    機能③アーカイブ機能の概要

    クラウド上の音声から番組音声を切り取り、アーカイブ化します。アーカイブ化されたファイルは Google ドライブの検索機能からいつでも簡単に取り出すことが可能です。機能の概要図は以下の通りです。