AWSでシステムを構築したけど、思ったよりコストがかかってしまった、ということはないでしょうか?
クラウドを選択する際、費用は重要な検討項目の一つとして挙られます。出来る限り正確に試算し、サービスを選択したいと考える方は多いのでは無いでしょうか。
こちらでは、弊社がお客様から多くいただくお問い合わせを元に、GCPとAWSの月額費用のコストを比較してみました。
それではコスト比較の詳細を御覧ください。
※以下は$1=120円での試算です。

例01.Webサイト

以下のWebサイトを構築した場合を見積もってみました。

  • Webサーバー( windows2008 / 4コア / メモリ8GB / HDD200GB )×2台
  • データベースサーバー( CentOS / 2コア /メモリ4GB / HDD300GB )×1台
  • ロードバランサー設定
  • PV数は月間50万を想定
    (1PVあたりの容量は0.4MB(Yahoo!のトップページくらい)を想定)

料金比較結果

GCP AWS
合計 72,078円/月 合計 133,692円/月
料金差:61,614円

AWSの費用に対し、GCPはその半額の料金で利用できる、という試算結果となりました。
内訳や詳細は下記のようになります。

コスト試算

GCP AWS
Webサーバー 2台使用
使用インスタンス
「n1-standard-4 」( OS:Windows / 4コア / メモリ15GB ):月額 $229.22
$229.22 / 月 × 2台 × 120円 = 55,013円
2台使用
使用インスタンス
m3.xlarge( / OS:Windows / 4コア / メモリ15GB ):月額 $426.76
$426.76 / 月 × 2台 × 120円 = 102,422円
データベースサーバー 1台使用
使用インスタンス
「n1-standard-2 」( OS:Linux / 2コア / メモリ7.5GB ):月額 $56.21
$56.21 / 月 × 120円 = 6,745円
3台分のディスク(700GB):月額 $28.0
$28.0 / 月 × 120円 = 3,360円
1台使用
使用インスタンス
m3.large ( / OS:Linux / 2コア / メモリ7.5GB ):月額 $141.28
$141.28 / 月 × 120円 = 16,954円
3台分のディスク(700GB):月額 $56.0
$56.0 / 月 × 120円 = 6,720円
データ転送料金 <料金体系>
1TBまで  月額 $0.12 / GB
1TB-10TB  月額 $0.11 / GB
10TB以上  月額 $0.08 / GB
0.4MB×50万PV=200GB
$0.12/GB×200GB×120円=2,880円
<料金体系>
最初の1GB/月 無料
10TBまで/月  $0.140/GB
0.4MB×50万PV=200GB
$0.140/GB×199GB×120円 = 3,343円
ロードバランサー利用料金 <料金体系>
5ルールまで :$0.025/時間
5ルール以上 :$0.010/時間
転送量に対して:$0.008/GB
$0.025 × 24h × 30日 = $18.0
$0.008 × 200GB = $16.0
($18.0 + $16.0) × 120円 = 4,080円
<料金体系>
処理時間に対して:$0.027/時間
処理されるデータに対して:$0.008/GB
$0.027 × 24h × 30日 = $19.44
$0.008 × 200GB = $16.0
($19.44 + $16.0) × 120円 = 4,253円
試算合計 72,078円 /月 133,692円/ 月

弊社では、定期的にGCP、AWS、Azureのベンチマークをとり、性能比較を行っております。
こちらからご覧いただけます。

例02.動画配信サイト

以下の動画配信サイトを構築した場合を見積もってみました。

  • 取り扱う動画は、512kbpsのレートで、1本あたり60分500MB程度のサイズを想定
  • 6000コンテンツ、3TB程度のストレージが必要な想定
  • ユーザー数は5000名程度で、月間ダウンロード数は35000を想定

よって

  • Webサーバー( windows2008 / 8コア / メモリ30GB ) × 1台
  • SQLサーバー( My SQL ) × 1台
  • ストレージ 3TBを想定
  • LB設定(月間1TBの処理を想定)
  • データ転送量は16TBを想定

料金比較結果

GCP AWS
合計 323,356円/月 合計 391,745円/月
料金差:68,389円

こちらでも、AWSの費用に対し、GCPは約20%低い料金で利用できる、という試算結果となりました。
試算の詳細は下記になります。

コスト試算

GCP AWS
Webサーバー 1台使用
使用インスタンス
n1-standard-8
( OS:Windows / 8コア / メモリ30GB )
:月額 $458.44
$458.44 / 月 × 120円 = 55,013円
1台使用
使用インスタンス
「m3.2xlarge」
( OS:Windows / 8コア / メモリ30GB )
:月額 $563.64
$563.64 / 月 × 120円 = 67,637円
SQLサーバー 1台使用
以下のCloudSQLのパッケージを使用します
D16 (メモリ8GB/ストレージ10GB):月額 $542.19
$542.19 / 月 × 120円 = 65,063円
1台使用
以下のRDSを使用します。
DB:MySQL
クラス:「db.m4.large 」( 2コア / メモリ8GB)
デプロイ:マルチAZ配置(自動フェイルオーバー)
上記のスペックで $0.508 /時間
$0.508 /時間 × 24時間 × 30日 × 120円 = 43,891円
ストレージ <料金体系>
Standard $0.026/GB
利用量:3TB
$0.026 × 3000GB × 120円= 9,360円
<料金体系>
最初の1TB/月 $0.0330/GB
49TBまで/月 $0.0324/GB
利用量:3TB
$0.0330 × 1000GB=$33
$0.0324 × 2000GB=$64.8
( $33+$64.8 ) × 120円= 11,736円
データ転送量 <料金体系>
1TBまで  月額$0.12 / GB
1TB-10TB  月額 $0.11 / GB
10TB以上  月額 $0.08 / GB
$0.12/GB × 1,000GB=$120
$0.11/GB × 9,000GB=$990
$0.08/GB × 6,000GB=$480
( $120 + $990 + $480 ) × 120円 =190,800円
<料金体系>
最初の1GB/月  無料
10TBまで/月    $0.14/GB
10TB × 40TB/月 $0.135/GB
$0.14/GB × 9,999GB=$1,399.9
$0.135/GB × 6,000GB=$810
( $1,399.9 + $810) × 120円 =265,188円
ロードバランサー <料金体系>
5ルールまで :$0.025/時間
5ルール以上 :$0.010/時間
転送量に対して:$0.008/GB
$0.025 × 24時間 × 30日=$18.0
$0,008 × 1000GB=$8.0
($18.0 + $8.0) × 120円 = 3,120円
<料金体系>
処理時間に対して:$0.027/時間
処理されるデータに対して:$0.008/GB
$0.027 × 24時間 × 30日=$19.44
$0,008 × 1000GB=$8.0
($19.44 + $8.0) × 120円 = 3,293円
試算合計 323,356円 /月 391,745円/ 月

まとめ

AWSと比較してみた結果、2つの事例ともGCPのほうが安くなりました。
実はAWSをもっと安く利用する方法もあります。スペックや容量を固定し、3年契約で前払いをする等の長期契約を結ぶと、割引率が大きくなり、ここまでの価格差はでません。
ただし、年間契約を結ぶと、期間内はスペックや容量などの変更が行えず、結果、オンプレサーバーとの契約と違いはあまりない状態となることが往々にしてあります。
本来クラウドサービスとはもっと自由な使い方が出来るというサービスではないでしょうか。必要な時に、必要なだけのリソースをその都度、自在に構成できる点が第一の特徴であり、大きなメリットです。そして費用は利用分にのみ発生するというのが、理想の形です。
また、今までの傾向からすると、各クラウドサービスの単価自体どんどん安くなっています。
前払いが条件となる年間契約ではそれに対応出来ず、はじめに安いと感じても、3年後の感想は違いが生じるかと思います。
ちなみに、1年前との料金比較(例02.動画配信サイトの合計)ですと、
AWS 481,444円→391,745円 約18%OFF
GCP 442,778円→323,356円 約27%OFF
となりました。
GCPのほうが値下げ率が大きく、また Google はムーアの法則に則った価格改定を今後も続けると宣言していることから、これからもGCPの値下げは大いに期待できそうです。
いかがでしたか?
GCPについて、まずはコストメリットだけでもご理解頂ければ幸いです。
AWSしか試算したことない、という方、既にクラウドでインフラを活用していてもAWSしか使ったことがない、という方、是非本記事を参考にして、GCPとの比較を行ってみてはいかがでしょうか。
このレポートを読まれて「うちの場合だと、どのくらいの金額になるんだろうか?」と気になられたご担当者様、クラウドの導入をご検討の際は、ぜひお気軽にクラウドエースにご相談ください!

弊社ではGCPの料金支払代行プランも御座います。こちらも是非ご検討ください。
※上記試算は2015年12月時点のものとなります。
以下の料金計算ツールを使用しました。
・AWS:http://calculator.s3.amazonaws.com/index.html
・GCP:https://cloud.google.com/products/calculator/?hl=ja

料金比較の解説を動画でもまとめました。合わせてご覧ください。
GCP・AWS料金体系の比較(6:43)

クラウドサービス比較表
無料ダウンロード

現在最も広く利用されている GCP、AWS、Azure の
3つのクラウドサービスを徹底的に比較した弊社独自の
比較資料(PDF)を無料でダウンロードいただけます。

5つの切り口、27項目にて徹底比較!

  • ① 性能面 - 起動時間やスパイク対応が最も高いのは?
  • ② 機能面 - ビッグデータの集計やAPI連携に強いのは?
  • ③ セキュリティ - 最も高い水準の第三者認証の取得は?
  • ④ 運用・保守 - 日本語によるサポートが可能なのは?
  • ⑤ 費用面 - 料金体系がわかりやすいのは?

無料ダウンロード

メールアドレス

企業名

部署

お役職

お名前

都道府県

電話番号

GCP導入予定について