こんにちは、クラウドエース編集部です。
GCP( Google Cloud Platform )のAI・機械学習サービス Cloud Vision API / Video Intelligence API を活用することで、データサイエンティスト / AIエンジニア の費用・工数で阻まれていた”画像認識・ビデオ解析AI”を安価に、そしてスピーディーに始めることができるようになりました。
他の手法と比較したところ大幅なコスト対効果向上も出ており、従来データサイエンティストで対応してきた”時間・手間の非常にかかるモデルチューニング・精度向上” の工数を不要にすることができるので、ビジネスや利活用シーンに集中することが可能です!

一般的な開発推進のステップ

Step1.検討・計画
AI技術で実現したいことを要件定義・PoC(実証実験)設計・費用対効果を設定

Step2.有効化
APIをGCPで有効化

Step3.構築
既存システムや新規システムへAPIを組み込みし、結合

Step4.運用
業務利用しながら、精度モニタリング・PoC効果検証

Step5.時期計画
横展開・再投資

メールアドレス

企業名

部署

お役職

お名前

都道府県

ご住所

電話番号

GCP導入予定について

IT製品・サービス導入におけるお客様の立場

プライバシーポリシーに同意して送信すると、当社が個別に設定を行う場合を除き、当社はお客様のWebブラウザのクッキーにより当社のWebサイト上におけるお客様の行動履歴と個人情報を紐付けて把握、分析します。

Cloud Vision API

Vision API

  • 目的) 画像から様々な属性・関連性を識別できます。
  • 概要) 学習済API経由で推論できるので、未知の画像データへ属性情報を付与できます。
    物体検知として「人・顔・帽子・服装(ズボン・スカート・トップス・ドレス・アウター)・車・自転車・ドア・タイヤ・写真フレームなどあらゆる物」を画像から識別し、カラートーン・状況(シーン識別)についての説明・切り抜き用の座標も取得出来ます。
    その他、製品ロゴ、顔属性(7つの感情:喜・悲・怒・驚・表出/ぼやけ、顔の向き、帽子有無)、著名な場所、テキストも識別。
    さらには、安全な画像かの判定として、アダルト/暴力/医療に関わるかどうか画像判定。
    類似画像検索も可能となります。

これら以外の”独自の検知・分類”をご要望の場合は、AutoML Visionでカスタム画像認識AIをご用意出来ます。
例:

  • 工場ライン内の物・野菜・部品・完成品の検査
  • 橋梁などの外観検査
  • 商業デザインの多角的な比較分析
  • 異常な細胞などの判別の研究
  • 中古品の判別・分類
  • 天候の詳細状況判別

など様々なご用途でご活用頂けます。
※一定以上の画像教師データが必要となります。

  • 活用) 店舗内来店客分析:カメラ連携すると、お店・来店客の様子を分析でき、販促施策へ活用頂けます。
    店舗満足度調査:顔表情の識別集計でご活用頂けます。これをオンライン満足度と併せて集計することで、O2O分析も可能となります。
    交通状況の調査:車や自転車・バイクの検知により、交通状況の統計化が可能となります。
    整備工場内分析:車体やパーツなどの配置・移動状況を分析し、生産性を可視化出来ます。
    コンテンツチェック支援:特定ブランド・不適切コンテンツを優先的に抽出できます。
    文字おこし支援:OCRで文字列・数値を抽出できます。
    コンテンツ推薦:ECサイト上で、類似の服・家具を提案できます。
    SNS画像分析:自社のロゴ・商品がどのような状態で写っているかを分析・集計出来ます。
    広告クリエィティブ分析:どのバナー画層がどう言う要素で効果的だったかを解析出来ます。
  • 業種) 小売・EC・販促・広告・人材・教育・投稿サイト・ファッション・家具・リサーチ・医療・飲食店

Cloud Video Intelligence API

Video Intelligence API

  • 目的) 動画から様々な属性・関連性を識別できます。
  • 概要) 学習済API経由で推論できるので、未知の動画データへ属性情報を付与できます。
    2万件を超える物体・場所・シーンを認識できることで、メディア管理を効率化できます。

これら以外の”独自の検知・分類”をご要望の場合は、AutoML Video Intelligenceでカスタム動画認識AIをご用意出来ます。
例:

  • 交通違反監視:ドラレコをチェックする作業を効率化できます。
  • PVの判定:有効なプロモーションビデオ・トレーラーの解析
  • 異常検知:業種特有の物・専門機器など含む物体検知により、あるべき/あるべきでない場所に特定物体の移動があるかなどへの活用ができます。
  • ビル管理:物・人の動きを集計・レポート分析可能にします。
  • 交通状況の調査:車や自転車の検知により、交通状況の統計化が可能となります。
  • 人検知・カウント:動画に映った店舗や設備へきている人の数・属性を集計出来ます。

※一定以上の動画教師データが必要となります。

  • 活用) 店舗内来店客分析:カメラ連携すると、お店・来店客の様子を分析でき、販促施策へ活用頂けます。
    店舗満足度調査:顔表情の識別集計でご活用頂けます。これをオンライン満足度と併せて集計することで、O2O分析も可能となります。
    交通状況の調査:車や自転車・バイクの検知により、交通状況の統計化が可能となります。
    整備工場内分析:車体やパーツなどの配置・移動状況を分析し、生産性を可視化出来ます。

ご不明な点、ご要望などございましたら、お気軽にお問い合わせください。お打ち合わせ等で、APIの組み合わせ方や方式などについて、ご提案も可能です。

ダウンロード(無料)

メールアドレス

企業名

部署

お役職

お名前

都道府県

ご住所

電話番号

GCP導入予定について

IT製品・サービス導入におけるお客様の立場

プライバシーポリシーに同意して送信すると、当社が個別に設定を行う場合を除き、当社はお客様のWebブラウザのクッキーにより当社のWebサイト上におけるお客様の行動履歴と個人情報を紐付けて把握、分析します。

合わせて読みたい