こんにちは、クラウドエース編集部です。

現在テレワークが大きな注目を集めていますが、既に導入・運用を開始している企業よりも、これからテレワークの導入を検討している企業の方がまだまだ多いのではないでしょうか。そんな中、テレワーク業務をトータルでカバーするグループウェア「 G Suite 」と「 Microsoft 365(旧 Office 365)」が大きな注目を集めています。

今回のコラムでは、G Suite と Microsoft 365 を徹底的に比較します!

弊社は G Suite の販売代理店を行っておりますが、一番重要なのは見せかけることよりも弊社のポリシーでもある”正直力”でお客様のお役に立つことなので、今回も本気でガチンコ比較を行っていきます!!

G Suite と Microsoft 365 の基本情報

まずは両サービスの基本情報をまとめました。Microsoft 365 はユーザ数によって選択できるエディションが変わるため、非常にエディション数が多くなっています。一方 G Suite は各エディションでユーザ数を制限なしで増やすことができるため、シンプルなエディション構成になっています。

G Suite Microsoft 365
旧サービス名 Google Apps Office 365
サービス開始時期 2007年〜 2011年〜
提供エディション Essentials
Basic
Business
Enterprise
Education
(※1)
<中小企業向け>
Business Basic
Business Standard
Business Premium

<大企業向け>
Apps for enterprise
E1
E3
E5
(※2)

SLA 99.9% 99.9%
日本国内のデータセンター ×

※1 Google はどのエディションも無制限にユーザを増やせるため、シンプルなエディション構成になっています。
※2 Microsoft 365 は導入するユーザ数によって、選択できるエディションが変わります。300ユーザー以上で導入する場合は大企業向けのエディションを選択する必要があります。

G Suite と Microsoft 365 の機能比較

G Suite と Microsoft 365 の機能比較を表にまとめました。比較するエディションは G Suite は「 Business 」、Microsoft 365 は「 Business Premium 」です。

比較項目 G Suite Microsoft 365
比較エディション Business Business Premium
価格 ¥1,360 ¥1,360
年間契約
最大ユーザ数 無制限 300
ビジネスメール サービス名 Gmail Exchange Online
容量 無制限 50GB
カレンダー Google カレンダー Outlook
ビデオ会議 サービス名 Google Meet Teams
参加人数 最大150人(※1) 最大250人
オンラインストレージ サービス名 Google ドライブ One Drive for Business
容量 無制限(※2) 1TB
共有
検索
Officeツール ブラウザでの利用
同時編集
Web対応アプリを利用すれば同時編集可能
文書作成 Google ドキュメント Word
表計算 Google スプレッドシート Excel
プレゼンテーション作成 Google スライド PowerPoint
アンケート Google フォーム Forms
サイト作成 Google サイト SharePoint
フォーム作成 Google フォーム なし
ノート Google キープ OneNote
モバイルアプリ ○(台数制限なし) ○(同時接続が可能な端末は5台まで)

※3 2020/09/30迄は最大参加人数250人で利用可能です。
※4 Business 5アカウント以上の契約で容量が無制限になります。
(5アカウント未満は1TB)
※5 フル機能を利用する場合はデスクトップ形式のアプリケーションを購入する必要があります。

Microsoft 365 の強みは使い慣れたOfficeツールと日本リージョン!

  • 使い慣れたOfficeツールを利用できる
    Microsoft のOfficeツールは多くのユーザに利用されています。そのため、ツールの学習コストを低く抑えることができます。オフラインでもオンラインでもファイルを編集することができます。
  • 日本リージョンでサービスが利用できる
    Microsoft 365 は日本リージョンでサービスを提供しています。データの保管場所が気になる場合は、大きな強みと言えます。
  • 他社との書類のやりとりではスムーズ
    Microsoft 365 を導入している企業のほうが多いので、企業間でドキュメントのやりとりをする際などはスムーズだと言えます。

G Suite の強みはコラボレーション機能と無制限ストレージ!

  • 無制限にユーザを追加可能
    G Suite は各エディション無制限にユーザを増やすことができます。Microsoft 365 では、ユーザが一定数増える場合にエディションのアップグレード(ユーザ単価の増加)が必要になりますが、G Suite はそのような心配はありません。
  • 無制限のストレージ容量
    G Suite Business 以上のエディションであれば、メールボックスやオンラインストレージを容量無制限で利用することが可能です。
  • 高性能なコラボレーション機能
    Google のOfficeツールはチームで作業することを前提に開発されています。マスタファイルを複数人で作成・編集できるため、ファイルのマージ作業は必要ありません。強力なコラボレーション機能により、チームの業務スピードがアップします。
  • Microsoft Officeとの高い互換性
    G Suite のOfficeツールで作成したファイルは Microsoft の Office ファイルに対して高い互換性を保持します。そのため、Microsoft Office形式のファイルを Google ドライブ上で編集したり、Google Office形式のファイルを Microsoft Office形式に変換することも可能です。

G Suite と Microsoft 365 はテレワークに適したグループウェア

G Suite と Microsoft 365 はそれぞれチーム、個人における業務効率化で大きな力を発揮します。どちらも企業の規模・業務内容・体制によって一長一短がありますので、選定する場合はそれらの要件を整理した上で検討することが必要です。ただ、どちらのグループウェアも、企業のテレワークを強力に支援してくれることは間違いありません。本記事が、グループウェアを選定する上での参考になれば幸いです。

※ 弊社HPのコラムでは、これまで G Suite と テレワークに関する記事をリリースしてきました。 G Suite についてご興味がある場合は以下の記事もご参考ください。

 

ダウンロード(無料)

 

ワークスタイル変革分野のスペシャライゼーションを保持する吉積情報が一歩先の Workspace と Google ドライブの活用術をご案内します

吉積情報株式会社は、日本初の Google 認定のワークスタイル変革分野のスペシャライゼーション取得企業です。 Google ドライブ や Meet をはじめとした Google Workspace の一歩進んだ活用にご興味のある方はぜひ以下お問い合わせ先からご連絡ください。

Google Workspace セミナーを定期開催 !

吉積情報株式会社は Google Workspace 関連セミナー(オンライン)を定期開催しています! Google Workspace や Google ドライブをもっと安全に利活用するための拡張機能等を徹底解説します!

※セミナーへの申し込みは、バナークリック後のサイトで行うことができます。

吉積情報株式会社

TEL:03-6280-5940
メール:sales@yoshidumi.co.jp
サービス紹介URL:https://www.yoshidumi.com/service/gsuite/

合わせて読みたい