こんにちは、クラウドエース編集部です。

Google は検索エンジンや広告の表示などあらゆる分野でAI技術を活用しています。

AI技術が浸透していくにつれて、Google が提供するサービスでも知らないうちにAI技術が活用されています。今回は、 Google Workspace のサービスにて提供されているAI技術に焦点をあてて紹介していきます。身近なサービスを通じてAIの技術により親しんでいただけたらと思います。

Google Workspace は Google が提供するグループウェア

Google Workspace は Google が提供するグループウェアです。 Google Workspace には、メール、カレンダー、チャット、オンラインストレージ等、ビジネスにおいて必要になる機能がパッケージングされています。 Google Workspace について詳しく知りたい方は以下の記事をご参考ください。

こういう人にオススメ 記事リンク
Google Workspace を基礎から知りたい人 【最新】Google Workspace 入門は5分でOK!! 働き方改革を推進せよ!
Google Workspace の安全性について知りたい方 Google Workspace のセキュリティはなぜ信頼できるのか
テレワークの導入に Google Workspace を活用したい方 新型コロナで導入が進むテレワーク! Google Workspace の力を改めて実感
Microsoft 365 との違いを知りたい人 Google Workspace と Microsoft 365 (Office 365) ガチンコ比較

 Gmail のAI機能はセキュリティと操作性を高める!

Gmail は Google が提供するメールサービスです。 Gmail は有償の Google Workspace アカウントに限らず、フリーの Google アカウント があれば利用することができます。 Gmail では、セキュリティと操作性の向上の観点でAI技術が使われています。

スマートリプライによってメールの返信スピードを高める!

Gmail には、送られてきたメールの内容に対して素早く的確な返信ができるよう、スマートリプライの機能が実装されています。スマートリプライは、メールの内容を解釈することで送られてきた文章の構造を読み解いて、短く適切な返信文を提案してくれます。返信文を提案する際に、あらかじめ学習したメールの文章と返信の組み合わせを用いて、今回のメールの返信に相応しい文章が生成されます。この機能は Gmail の個人設定で有効化することができ、スマートリプライを利用すればするほど、利用者に精度の高い返信文を提案してくれます。

重要度の高いメールを通知する

メールがたくさん溜まってくると、重要なメールを見逃してしまうことが多々あると思います。そんな時に役立つのが重要メールの通知機能です。この機能を利用すると、 Gmail が受信メールを解釈して、重要なメッセージをユーザーに通知してくれます。このとき、送られてきたメッセージが優先度の高いものであるかどうかを、文章の内容やこれまでの学習結果を用いてAIが判別し知らせてくれます。これによって、重要なメールをうっかり見落としてしまうことを防ぐことができます。

Smart Compose で自動スペルチェック

Gmail では文章のスペルチェック機能として、Smart Composeが提供されています。これは現在英語版のみの対応となっていますが、本文中で間違いのあるスペルを自動的に訂正したり、メールの中でよく用いられる挨拶文などを予測して候補として提示してくれます。

ウイルスや危険なファイルへの対応

怪しいメールをうっかり開いてしまうことで、コンピューターがウイルスに感染してしまう例は非常によく起こります。 Gmail ではAI技術を用いてウイルスや悪意のあるファイルを検知し、迷惑メールに割り振ったり、自動で削除することでユーザー端末に感染してしまうリスクを抑えています。このとき、どんなファイルがウイルスや怪しいファイルであるかということを、過去のデータからAIが特徴を学習して判別してくれています。これによって迷惑メールをユーザーが分類する手間が省け、メールでのセキュリティ向上を実現しています。

Google ドライブ はユーザの煩雑な作業をAIで自動化!

Google ドライブは Google が提供するオンラインストレージサービスです。  Google ドキュメントやスプレッドシート、スライド等に限らず、様々な形式のファイルを保存・プレビューすることができます。 Google ドライブは、ユーザがファイル管理を行う上で発生する煩雑な作業の一部をAI機能によって自動化しています。

OCR機能で画像上の文字を自動解析

Google ドライブはが画像ファイルをアップロードすると、画像上のテキストを自動でOCR解析してくれます。例えば、以下のファイルを Google ドライブにアップロードしてみます。

すると、アップロード後に画像内に記載されている文章から、該当のファイルを検索できるようになります。

Google ドライブでは、ファイル名に検索テキストを挿入したり、ファイルの説明文に検索テキストを手動入力しなくても、自動で画像内容を解析し、検索できるようにしてくれます。また、画像ファイルを Google ドキュメントで開くことで画像上の文字をテキストとして取り出すことも可能です。

検索する前にファイルが見つかる!

Google Drive ではユーザーのアクセス履歴やカレンダーの予定などから次にアクセスするドキュメントを予測してホーム画面に提示してくれます。これによってユーザーはほしいファイルに素早くアクセスできます。

音声による文字入力が可能

Google ドキュメントを利用すると、音声で文字を入力することができます。タイピングでは時間がかかってしまうものでも、音声入力によって素早く資料をまとめることができます。ただ、精度にはまだまだ課題があるので、今後の改良に期待したいところです。

Google Meet  は使い勝手をAI機能で改善!

Google Meet は Google が提供するオンライン会議サービスです。昨今の新型コロナウイルスの影響から Google のビデオ会議サービスである Google Meet は大きな注目を集めています。

会議中の音声を解析し字幕表示が可能!

Google Meetには字幕表示機能があり、音声をリアルタイムで解析し文字に起こしてくれます。ただ、現在は英語にしか対応していないため、日本語の対応はもう少しかかるかもしれません。

会議中に紛れるノイズを削除

Zoom と同様にノイズキャンセル機能も今後サポートする予定です。この機能によって、キーボードを叩く音や、生活上発生する音を自動的にカットしてくれます。ただし、本機能は一部の有料エディションに限定された機能になりそうです。

Google のAI機能は Google Workspace に限らない!!

Google は Google Workspace に限らず、様々なサービスにAI機能を取り込んでいます。本章ではその中から Google Assistant と Google Photo について説明します。

Google Assistant

Google Assistantは検索などを行うとき、音声入力によって手助けをしてくれるものです。スマホやタブレットから利用でき、Googleアカウントに紐づいたカレンダーの予定作成や、メールの検索などを対話的に行ってくれます。このときの音声認識や、音声認識した言葉の意味を解釈する際にAIの技術が用いられています。

Google Photo

Google Photoは写真を整理するGoogleのサービスです。Google Photoでは、時系列で写真を参照できると同時に、人物ごとに写真を分類をしてくれます。この分類にAI技術が利用されています。 Google Photoのアプリでは定期的な同期が可能で、容量無制限に保存できるため、写真の管理や共有に最適です。

Google Workspace のAI技術によってテレワークの業務効率化をアップ!

クラウドエース・吉積情報株式会社では、全社的にテレワークを導入し日々の業務を行っています。もちろん、ここまで説明してきたAI機能も業務に活用し、日々の業務効率化を測っています。

 

ダウンロード(無料)

 

合わせて読みたい