1.データ分析にかかっていた時間とコストを大幅に削減

BigQueryを活用することで、数ペタバイト、数十億行といった膨大なデータの分析も数分で。

大量のサーバーによる並列処理により、圧倒的に高速なデータ集計・処理ができます。

また、他社のサービスは使用時間分の課金が一般的でしたが、BigQueryは使用量による課金なので、運用方法によってコストを大幅に削減することが可能です。

2.データの取り込みに関しても高いコストパフォーマンスを実現

従来高価なデータ転送ソフトなどで構築されていたデータの取り込み作業に関しても、Pub/Sub や IoT Core などの Google のデータウェアハウスを活用することで、高いコストパフォーマンスを実現できます。

3.他社のクラウドサービスやオンプレミスとの連携も容易

すでにAWSやAzureなどのクラウドサービスによってインフラ環境を構築されているお客様から、「データ分析だけは GCP で」というご要望を多くいただきます。

もちろん既存のクラウドサービスとのマルチな連携によるいいとこ取りの運用や、オンプレミス環境とのハイブリッドクラウドによる運用も簡単に実装可能です。